ヴィヴィアン・サッセンの新作写真展 女性性の「豊かさ」表現する作品群

ヴィヴィアン・サッセンの個展『Of Mud and Lotus』が、10月6日に東京・恵比寿のG/P galleryで開催される。

1972年にオランダ・アムステルダムで生まれたヴィヴィアン・サッセン。幼少期に南アフリカで過ごした経験を持ち、ファッションデザインと写真を学んだ後にファッションフォトグラファーとして活動を開始した。ミュウミュウ、ルイ・ヴィトンなどのキャンペーンを手掛ける傍ら、写真家としての作品制作も行なっている。

『Of Mud and Lotus』では、同名の新作シリーズから21作品を日本初公開。同シリーズはコラージュや自身が彩色した写真などを用いて女性性の持つ豊かさを表現した内容となり、タイトルは「泥なきところに蓮華は咲かぬ」ということわざから取られているという。同展の開催にあわせて、写真集『Of Mud and Lotus』も刊行される。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

ヴィヴィアン・サッセン
『Of Mud and Lotus』

2017年10月6日(金)~11月25日(土) 会場:東京都 恵比寿 G/P gallery 時間:12:00~20:00(最終日は17:00まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ヴィヴィアン・サッセンの新作写真展 女性性の「豊かさ」表現する作品群

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて