ニュース

阿部寛が猫&女性を喜ばせる侍に 『のみとり侍』で寺島しのぶらと共演

『のみとり侍』 ©2018「のみとり侍」製作委員会
『のみとり侍』 ©2018「のみとり侍」製作委員会

映画『のみとり侍』が2018年に全国東宝系で公開される。

同作は、表向きは家庭で飼われる猫の蚤を取る商売だが、実態は「床」で女性に愛を届ける裏稼業である「のみとり」をモチーフにした時代劇。藩主の機嫌を損ね、「のみとり」として暮らすことを命じられた越後長岡藩藩士・小林寛之進が、次第に技術を上達させて「のみとり侍」として成長していくが、老中・田沼意次の失脚によりのみとりが禁じられ、犯罪者として窮地に立たされるというあらすじだ。原作は小松重男の短編集『蚤とり侍』。

主人公の寛之進役を演じるのは阿部寛。寛之進の亡き妻に瓜二つで、初めての「のみとり相手」となる千鶴役を寺島しのぶ、のみとりの親分・甚兵衛役を風間杜夫、妻・お鈴役を大竹しのぶ、寛之進が身を寄せる長屋の隣人・佐伯友之介役を斎藤工、寛之進に女性の喜ばせ方を指南する恐妻家・清兵衛役を豊川悦司、清兵衛の妻・おちえ役を前田敦子、田沼意次役を約15年ぶりの映画出演となる桂文枝が演じる。

メガホンを取ったのは、『砦なき者』『永遠の仔』をはじめとする数多くのドラマや、『愛の流刑地』『後妻業の女』などの映画を手掛け、『紫綬褒章』『旭日小綬章』を受章している鶴橋康夫。鶴橋は原作のエピソードをもとに自身で物語を再構築し、脚本も執筆した。撮影は8月30日から10月中旬までを予定しており、全編京都ロケを行なう。

主演の阿部寛は鶴橋監督とのタッグについて「ずっとご一緒したかったので、こうして『のみとり侍』としてオファー頂けたことは、夢が叶ったかのように嬉しく、歴史ある京都の地で、こうした作品を作っていけることにすごく幸せを感じています」とコメント。

寺島しのぶは自身の演じる役について「とても艶っぽい愛おしい女性なのでそう存在できるようにしたいものです」と意気込みを語っているほか、豊川悦司は「鶴橋康夫監督の最新作にて最高傑作!中高年の、中高年による、中高年のための、痛快人情喜劇娯楽時代劇!」とのコメントを寄せている。

阿部寛のコメント

『のみとり侍』というタイトルを聞いただけで、ほろっとわくわくしたし、出てくる登場人物たちが、一人ひとりが、人間味豊かで、クスっと笑えて、泣ける脚本だなと思いました。
鶴橋組常連の方々との共演も楽しみです。色気があって、チャーミングで・・・見ているだけで、きっと引き込まれるでしょうし、それに応えられる芝居をしないと気の引き締まる思いです。
鶴橋監督とはずっとご一緒したかったので、こうして「のみとり侍」としてオファー頂けたことは、夢が叶ったかのように嬉しく、歴史ある京都の地で、こうした作品を作っていけることにすごく幸せを感じています。観た人が、“のみとり”をされたかのように気持ちのいい時代劇になればいいなと思っています。

寺島しのぶのコメント

『愛の流刑地』以来又鶴橋監督とお仕事ができることが嬉しくてなりません。
とても艶っぽい愛おしい女性なのでそう存在できるようにしたいものです。
阿部さんとも舞台「近松心中物語」の共演以来なので久々の再会を楽しみにしております

豊川悦司のコメント

鶴橋康夫監督の最新作にて最高傑作!
中高年の、中高年による、中高年のための、痛快人情喜劇娯楽時代劇!
日本人は、日本の国は、こんなにも素朴で温かみに溢れていた!
絶賛撮影中!乞うご期待!

桂文枝のコメント

映画は久しぶりです。
時代劇も、今回のような実在の人物を演じるのも、田沼意次という、比類なき政治家を演じるのも、とにかく歴史書を読み漁ってと思っていたら、監督さんから、読まないでと言われたので、気が楽に、脚本が面白いので、監督さんのイメージに合うように、演じられたらと、思っています。

鶴橋康夫監督のコメント

40年前、偶然『蚤とり侍』の小説を手にして、「のみとりって?」。猫の蚤を取るとみせかけ、実は裏の商売をする主人公に興味がわいた。
中間管理職である越後長岡藩・勘定方書き役の小林寛之進が、生真面目すぎるあまりに殿の怒りを買って藩を追い出され、江戸の人々に助けられながら、世の中の激動に飲み込まれていく。そこに現代のサラリーマンに重なる部分を感じ、「不条理でばかばかしくて笑える映画をつくってみるのはどうだろう?」と。
主人公・小林寛之進は、悲劇を喜劇に、不条理をロマンチックに演じ、哀愁の男っぽさを表現できる阿部寛さんに託すことにした。
人生、自分の思い通りにはいかない。だけどみんなそれぞれ、一生懸命で、真面目で、おっちょこちょいで、面白い。そんな悲喜こもごもを観る人にクスクスと笑ってもらえたら最高です。

左上から時計回りに阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、桂文枝、前田敦子、大竹しのぶ、風間杜夫 ©2018「のみとり侍」製作委員会
左上から時計回りに阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、桂文枝、前田敦子、大竹しのぶ、風間杜夫 ©2018「のみとり侍」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化