ニュース

舞台『池袋ウエストゲートパーク』追加キャスト11人、マサ役は塩田康平

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』仮チラシビジュアル
『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』仮チラシビジュアル

12月23日から東京・池袋の東京芸術劇場、2018年1月19日から兵庫・兵庫県立芸術文化センターで上演される舞台ミュージカル『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』の追加キャストが発表された。

石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』を歌とダンスを交えて初舞台化する同公演。脚本・作詞に柴幸男(ままごと)、演出に杉原邦生(KUNIO)、振付に北尾亘(Baobab)を迎え、2013年から上演に向けたワークショップが行なわれてきた。主人公のマコト役に大野拓朗、カラーギャング集団G-Boysのキングことタカシ役に染谷俊之、G-Boysと対立するレッドエンジェルスのリーダー・京一役に矢部昌暉(DISH//)がキャスティングされている。

今回発表されたのは、マサ役の塩田康平をはじめ、G-Boys、レッドエンジェルスのメンバーを演じる海老澤健次、大音智海、尾関陸、加藤真央、小島ことり、笹岡征矢、高橋駿一、富田大樹、細川優(L.A.F.U.)、三井理陽の11人。あわせて公開されたビジュアルには、マコト役の大野拓朗、タカシ役の染谷俊之、京一役の矢部昌暉が写し出されてる。チケットの先行販売情報などは後日発表される。

マサ役の塩田康平
マサ役の塩田康平
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)