ニュース

火星が「バグる」 映画『スターシップ・トゥルーパーズ』最新作の特報

映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が2018年2月に公開される。

同作は、ロバート・A・ハインラインの小説『宇宙の戦士』を原作に、昆虫型生命体「バグ」と人類の戦争を描いたポール・バーホーベン監督の『スターシップ・トゥルーパーズ』の公開20周年を記念して製作されたシリーズ5作目。フルCGで描かれ、1作目で主人公ジョニー・リコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーン、ディジー・フロレス役を演じたディナ・メイヤーが声の出演をしている。

メガホンを取ったのは、『アップルシード アルファ』や『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』の監督を努めたCGクリエーターの荒牧伸志と、同作が監督デビュー作となる松本勝。脚本は『ロボコップ』や『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズを手掛けてきたエド・ニューマイヤーが担当した。

あわせて日本オリジナルのティザービジュアルと特報が公開。ティザービジュアルには、「火星、バグる。」というキャッチコピーと共に、昆虫型生命体「バグ」の5本の爪が、第2の地球として描かれる「火星」を掴んでいる様子が写し出されている。また特報では、カウントダウンが鳴り響く中、1作目から20年の歳月を重ねたリコらがパワードスーツに身を包み、火星に大量に発生した「バグ」と対峙する姿や、リコのセリフ「Kill them all(皆殺しにしろ!)」などが確認できる。

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』ティザービジュアル ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』ティザービジュアル ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』 ©2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)