『ブレードランナー』の「空白の30年」が短編アニメに 監督は渡辺信一郎

映画『ブレードランナー 2049』の前日譚となる短編アニメーションの製作が発表された。

『ブレードランナー ブラックアウト 2022』と題された同作は、2019年を舞台にした『ブレードランナー』と、その30年後を舞台にした新作『ブレードランナー 2049』の間を繋ぐ、「空白の30年」のエピソードを描く作品。レプリカントの製造を禁止する法律のきっかけ となった、2022年のアメリカ西海岸での大停電を物語のモチーフに据える。

メガホンを取るのは『カウボーイビバップ』『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などの渡辺信一郎。『ブレードランナー 2049』の製作スタジオであるAlcon Entertainmentからオファーを受け、製作が決定したという。

今回の発表にあわせて『ブレードランナー ブラックアウト 2022』の制作現場を現場を垣間見ることのできる予告編が公開。映像の中で渡辺信一郎監督は「このアニメの仕事をする上で一番影響を受けた作品は『ブレードランナー』になります」と語っているほか、アニメ版の制作にあたり「『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」「イミテーションにはならいようにすること」に気をつけたと明かしている。

短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト 2022』は9月26日に披露される予定。『ブレードランナー 2049』は10月27日から全国で公開される。

作品情報

『ブレードランナー 2049』

2017年10月27日(金)から全国公開
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン 出演: ライアン・ゴズリング ハリソン・フォード ロビン・ライト ジャレッド・レト アナ・デ・アルマス シルヴィア・フークス カーラ・ジュリ マッケンジー・デイヴィス バーカッド・アブディ デイヴ・バウティスタ 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『ブレードランナー』の「空白の30年」が短編アニメに 監督は渡辺信一郎

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて