ニュース

『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO』第1弾、多彩プログラム一挙発表

『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』第1弾ラインナップビジュアル
『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』第1弾ラインナップビジュアル

Red Bullによる音楽イベント『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』の第1弾ラインナップが発表された。

「翼をさずける」をテーマに、約1か月にわたって行なわれる同イベント。ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニック、ノイズ、ゲーム音楽、映画音楽など多彩なジャンルの音楽にまつわるイベントやワークショップ、レクチャーが展開される。

第1弾ラインナップでは、各イベントおよび出演者の一部が発表。11月4日に東京・ベルサール渋谷ガーデンで開催される『SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点』には、KICK THE CAN CREW、水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ、Nulbarichが出演することがわかった。

10月22日に東京・SHIBUYA109前で開催される路上ライブ『SHIBUYA BLOCK PARTY @ 渋音 渋谷音聴者天国』にはZeebra、Awich、ISH-ONE、SHINGO★西成、ちゃんみならが登場。10月28日にはタワーレコード渋谷店内各所でライブを行なう『音楽摩天楼 - ONGAKU MATENRO 渋谷音楽円盤摩天楼』が開催され、新しい学校のリーダーズ、Joy Opposites、Survive Said The Prophetが出演する。

10月31日には東京・渋谷のユーロライブで『FILM NIGHT 悪霊仮装上映会』を実施。1968年の特撮怪奇映画『吸血鬼ゴケミドロ』のHDデジタルリマスター版を上映する。

また東京・渋谷のクラブとバー複数箇所で開催される回遊型イベント『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO SHIBUYA ENTERTAINMENT FESTIVAL 渋谷周遊箱乱舞』が11月2日に開催。参加店舗はATOM TOKYO、CIRCUS TOKYO、clubasia、CLUB CAMELOT、contact、SOUND MUSEUM VISION、VUENOS、WOMBなど。

11月3日に東京・渋谷のWWW Xで開催される『AT THE CORNER 未来才能全員集合祭』はSeihoとOkadadaが発掘したアーティストを紹介するショーケースイベント。楽曲やDJミックスで参加者を募る。

東京・六本木のSuperDeluxeでは11月13日にコンテンポラリーダンスとノイズミュージックのイベント『ENTER THE NOISE 騒音楽舞踏競奏』を開催。ANTIBODIES Collective、MERZBOWが出演する。

11月15日には東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで『ROUND ROBIN 一発本番即興演奏』が開催。ASA-CHANG、starRo、大竹重寿、菊地成孔、スガダイロー、灰野敬二、蓮沼執太らが即興演奏を行なう。

11月17日に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行なわれるゲーム音楽と電子音楽のイベント『DIGGIN' IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭』には、Chip Tanaka、Hally、Ken Ishii、Osamu Sato、Yuzo Koshiro x Motohiro Kawashimaらが登場。

さらに、10月24日に日本語歌詞の朗読会『言霊 - KOTODAMA 言霊歌詞展覧会』、11月5日にメディアアートと音楽のイベント『MUTEK』とのコラボイベント『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO PRESENTS MUTEK CLOSING PARTY 媒体芸術未来館』、11月8日に今井了介が率いるTiny Voice Productionによる音楽講義『TINY VOICE WORKSHOP』、11月11日に日本の歌をテーマにしたクラブイベント『歌謡浪漫 - KAYOU ROMAN 歌謡浪漫限定宴会』を開催。

各プログラムのチケットは9月22日12:00から販売スタート。今後も追加ラインナップが発表される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年