常軌を逸する刑事・役所広司&新人・松坂桃李の姿も 『孤狼の血』特報

2018年5月12日から公開される映画『孤狼の血』の特報が公開された。

柚月裕子の同名警察小説をもとにした同作は、暴力団対策法成立直前である1988年の広島を舞台にした作品。金融会社社員の失踪事件を発端に暴力団同士の抗争が激化していく様が描かれる。メガホンを取ったのは『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。

「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」というセリフで始まる特報では、「魂に焼き付く、暴力とカタルシス」というテロップや、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾役の役所広司、大上と共に捜査にあたる新人刑事・日岡秀一役の松坂桃李、尾谷組に属する一之瀬守孝役の江口洋介らの姿が確認できる。

作品情報

『孤狼の血』

2018年5月12日(土)から公開
監督:白石和彌 原作:柚月裕子『孤狼の血』(角川文庫) 出演: 役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 中村獅童 竹野内豊 滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール瀧 石橋蓮司 江口洋介 ほか 配給:東映
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 常軌を逸する刑事・役所広司&新人・松坂桃李の姿も 『孤狼の血』特報

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて