ニュース

オットー・ネーベルの日本初回顧展 同時代に生きたクレーらの作品も

オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団

『オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代』が、12月17日まで東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている。

1892年にドイツ・ベルリンに生まれた画家オットー・ネーベル。1920年代半ばにドイツの総合芸術学校バウハウスで教鞭をとっていたゲルトルート・グルノウのアシスタントであったヒルデガルト・ハイトマイヤーと結婚し、同校の教官を務めていたワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーらと親交を深めた。様々な画風を取り入れながら制作を継続し、1973年にスイス・ベルンで逝去した。

日本で初めての回顧展となる同展では、「建築」「演劇」「音楽」「抽象」「近東」といったネーベルの主題に沿って画業を紹介。クレー、カンディンスキー、マルク・シャガールといった同時代の画家の作品もあわせて展示される。

なお2018年4月28日から京都・京都文化博物館で巡回展が開催される。

オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業