ニュース

オットー・ネーベルの日本初回顧展 同時代に生きたクレーらの作品も

オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団

『オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代』が、12月17日まで東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている。

1892年にドイツ・ベルリンに生まれた画家オットー・ネーベル。1920年代半ばにドイツの総合芸術学校バウハウスで教鞭をとっていたゲルトルート・グルノウのアシスタントであったヒルデガルト・ハイトマイヤーと結婚し、同校の教官を務めていたワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーらと親交を深めた。様々な画風を取り入れながら制作を継続し、1973年にスイス・ベルンで逝去した。

日本で初めての回顧展となる同展では、「建築」「演劇」「音楽」「抽象」「近東」といったネーベルの主題に沿って画業を紹介。クレー、カンディンスキー、マルク・シャガールといった同時代の画家の作品もあわせて展示される。

なお2018年4月28日から京都・京都文化博物館で巡回展が開催される。

オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー