ニュース

オットー・ネーベルの日本初回顧展 同時代に生きたクレーらの作品も

オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団

『オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代』が、12月17日まで東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている。

1892年にドイツ・ベルリンに生まれた画家オットー・ネーベル。1920年代半ばにドイツの総合芸術学校バウハウスで教鞭をとっていたゲルトルート・グルノウのアシスタントであったヒルデガルト・ハイトマイヤーと結婚し、同校の教官を務めていたワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーらと親交を深めた。様々な画風を取り入れながら制作を継続し、1973年にスイス・ベルンで逝去した。

日本で初めての回顧展となる同展では、「建築」「演劇」「音楽」「抽象」「近東」といったネーベルの主題に沿って画業を紹介。クレー、カンディンスキー、マルク・シャガールといった同時代の画家の作品もあわせて展示される。

なお2018年4月28日から京都・京都文化博物館で巡回展が開催される。

オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
画像を拡大する(15枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察