ニュース

オットー・ネーベルの日本初回顧展 同時代に生きたクレーらの作品も

オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『ナポリ「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」』より、1931年、インク、グアッシュ・紙、オットー・ネーベル財団

『オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代』が、12月17日まで東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている。

1892年にドイツ・ベルリンに生まれた画家オットー・ネーベル。1920年代半ばにドイツの総合芸術学校バウハウスで教鞭をとっていたゲルトルート・グルノウのアシスタントであったヒルデガルト・ハイトマイヤーと結婚し、同校の教官を務めていたワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーらと親交を深めた。様々な画風を取り入れながら制作を継続し、1973年にスイス・ベルンで逝去した。

日本で初めての回顧展となる同展では、「建築」「演劇」「音楽」「抽象」「近東」といったネーベルの主題に沿って画業を紹介。クレー、カンディンスキー、マルク・シャガールといった同時代の画家の作品もあわせて展示される。

なお2018年4月28日から京都・京都文化博物館で巡回展が開催される。

オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『ムサルターヤの町 IV 景観B』1937年、グアッシュ・紙、ベルン美術館
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
オットー・ネーベル『地中海から(南国)』1935年、水彩・紙、厚紙に貼付、オットー・ネーベル財団
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も