吉田秋生『BANANA FISH』アニメ化 ノイタミナで来年放送、監督は内海紘子

吉田秋生の漫画『BANANA FISH』がアニメ化され、2018年にフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送される。

『海街diary』などの作品で知られる吉田秋生が1985年から1994年まで『別冊少女コミック』で連載した『BANANA FISH』。ニューヨークのストリートキッズグループのボスであるアッシュと、日本から取材で訪れた大学生・奥村英二の関係を軸に、麻薬の一種「バナナフィッシュ」の謎を巡る物語が描かれる。

アニメ版の監督を務めるのは『Free!』などの内海紘子。シリーズ構成を瀬古浩司、キャラクターデザインを『同級生』などの林明美、アニメーション制作を『ユーリ!!! on ICE』のMAPPAが手掛ける。

オフィシャルサイトには、アニメ化に際して「やばい。あたしよりウマい。(笑)」という吉田秋生のコメントが掲載されている。あわせて特報映像も公開された。

番組情報

『BANANA FISH』

2018年にフジテレビほかで放送
監督:内海紘子 原作:吉田秋生『BANANA FISH』(小学館) シリーズ構成:瀬古浩司 キャラクターデザイン:林明美 アニメーション制作:MAPPA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉田秋生『BANANA FISH』アニメ化 ノイタミナで来年放送、監督は内海紘子

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて