池田夏海&菅本裕子の逃避行 MOOSIC LAB3冠『なっちゃんはまだ新宿』予告

12月9日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される映画『なっちゃんはまだ新宿』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

『MOOSIC LAB2017』で準グランプリ、ベストミュージシャン賞、女優賞を受賞した同作。「なっちゃん」という名の恋人がいる同級生・岡田に想いを寄せ、会ったことのない「なっちゃん」に思いを馳せる秋乃と、彼女の前に突如現れた少女「なっちゃん」の行き場のない逃避行を描く。

秋乃役に池田夏海、岡田役に河西裕介、なっちゃん役に菅本裕子がキャスティング。監督は、『加賀谷だけが好き』で『下北沢映画祭2016』日本映画専門チャンネル賞、『また一緒に寝ようね』で『PFFアワード2016』審査員特別賞、映画ファン賞を受賞した22歳の首藤凜が務めた。劇中歌と主題歌は、同作に出演もする尾苗愛、ふくだ傑によるバンドPOLTAが担当。

「ねえ、なっちゃん新宿って好き?」というナレーションで始まる予告編では、秋乃がなっちゃんの手を引いて新宿を歩く場面や、2人がバスの中でサンドイッチを食べるシーン、岡田の姿などが確認できる。またあわせて公開されたポスタービジュアルには、「大嫌いで、大好き。」というキャッチコピーと共に秋乃となっちゃんの姿が写し出されている。

首藤凜監督は「大嫌いで大好きな、たった一人の『なっちゃん』という少女に向けて書き始めたこの物語が、機会に恵まれ上映されること、胸がいっぱいです」とコメント。また尾苗愛は「この映画に書き下ろした『ラストストップ』という曲は特に、首藤監督と共に作った曲で、たくさんの方に映画館で聴いてもらえると思うと、本当に嬉しいです。バンドを続けてきてよかったです」とコメントを寄せている。

なお12月6日には東京・下北沢の近松で同作の公開を記念した無料イベント『なっちゃんはまだ新宿の前にシモキタ。(仮)』を開催。POLTAによるライブや、首藤凜監督の『さよなら沢田先生』『また一緒に寝ようね』、『なっちゃんはまだ新宿』のメイキング映像の上映、ゲストトークなどを行なう。詳細は『なっちゃんはまだ新宿』のオフィシャルサイトで確認しよう。

首藤凜監督のコメント

大嫌いで大好きな、たった一人の「なっちゃん」という少女に向けて書き始めたこの物語が、機会に恵まれ上映されること、胸がいっぱいです。POLTAとのコラボレーションやクラウドファンディングを通じて、「あなた」と「わたし」の世界には他者が存在しても良い、それが自然なのだと思えるようになりました。心から感謝しています。
もはや少女ではなくなったなっちゃんに捧げます。

尾苗愛(POLTA)のコメント

クラスの隅の方でひっそりとしていた人たちから成るPOLTAですが、派手なところはひとつもなく、細々と活動してきました。生活の中で口ずさまれたいなと思い作った曲たちが、首藤監督の元で優しく丁寧に脚光を浴びて、こんな贅沢があっていいのだろうか、という気持ちです。 この映画に書き下ろした「ラストストップ」という曲は特に、首藤監督と共に作った曲で、たくさんの方に映画館で聴いてもらえると思うと、本当に嬉しいです。バンドを続けてきてよかったです。

作品情報

『なっちゃんはまだ新宿』

2017年12月9日(土)から新宿シネマカリテほか全国で順次公開
監督・脚本:首藤凜 劇中歌・主題歌:POLTA 音楽:笠野孝介 出演: 池田夏海 菅本裕子 河西裕介 尾苗愛(POLTA) ふくだ傑(POLTA) ぱいぱいでか美 上映時間:93分 配給:VAP+SPOTTED PRODUCTIONS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池田夏海&菅本裕子の逃避行 MOOSIC LAB3冠『なっちゃんはまだ新宿』予告

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて