ニュース

吉岡里帆がゴッホの足跡辿る NHKの特集番組『ゴッホは日本の夢を見た』

パリ・オルセー美術館でゴッホの自画像と対面する吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
パリ・オルセー美術館でゴッホの自画像と対面する吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より

吉岡里帆が出演する特集番組『ゴッホは日本の夢を見た』が、11月3日にNHK総合で放送される。

日本と関わりのある作品を多く残したフィンセント・ファン・ゴッホ。600枚におよぶ浮世絵を集めて模写したほか、自らを日本の僧侶の姿にして描いた『坊主としての自画像』、フランスの女性を日本人に見立てた『ムスメの肖像』、背景に浮世絵を散りばめた『タンギー爺さんの肖像』といった作品を制作し、晩年には「日本のように陽光に魅した地」を目指して南フランスのアルルに向かったとされる。

番組では吉岡里帆がフランスとオランダを縦断しながら、ゴッホの足跡を辿る。絵のモデルとなったタンギー爺さんの子孫の証言や、晩年ゴッホが入院した精神病院の壁に貼ってあった日本の絵など、遺品や証言を通してゴッホの人物像に迫る。

なお東京・上野の東京都美術館では、ゴッホと日本の関係を紐解く展覧会『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』が2018年1月8日まで開催中。初日に先駆けて行なわれた内覧会には吉岡も登壇し、番組の内容やゴッホへの想いを語った。

パリ・モンマルトルで似顔絵体験をする吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
パリ・モンマルトルで似顔絵体験をする吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
初めてパリを訪れた吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
初めてパリを訪れた吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
南フランスのゴッホが歩いたあぜ道を歩く吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
南フランスのゴッホが歩いたあぜ道を歩く吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
ゴッホの晩年の作品『花咲くアーモンドの枝』を見て感極まる吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
ゴッホの晩年の作品『花咲くアーモンドの枝』を見て感極まる吉岡里帆 『ゴッホは日本の夢を見た』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進