ニュース

櫻井翔主演『ラプラスの魔女』に玉木宏、豊川悦司、リリーら出演、特報公開

『ラプラスの魔女』ポスタービジュアル ©2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
『ラプラスの魔女』ポスタービジュアル ©2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

2018年ゴールデンウィークに全国東宝系で公開される映画『ラプラスの魔女』の追加キャストが発表。あわせて特報が公開された。

同作の原作は東野圭吾の同名小説。発生したのが離れた場所でありながら、死亡者が互いに知人で、死因が共に自然現象下での硫化水素中毒死であるという2件の不審死事件を描いた作品だ。

警察から事件の調査を依頼される地球化学の研究者・青江修介役を櫻井翔が演じるほか、次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・円華役に広瀬すず、円華が捜索している青年・甘粕謙人役に福士蒼汰がキャスティング。監督は三池崇史、脚本は八津弘幸が務めた。撮影は3月中旬から4月末に行なわれた。

今回発表された追加キャストには、円華のボディーガード桐宮玲役のTAO、同じくボディーガード武尾徹役の高嶋政伸、青江の助手・奥西哲子役の志田未来、硫化水素中毒死した水城義郎の妻・千佐都役の佐藤江梨子、幼少期に死去した円華の母親・羽原美奈役の檀れい、事件を追う刑事・中岡祐二役の玉木宏、円華の父親で脳神経外科の医師・羽原全太朗役のリリー・フランキー、謙人の父親で元映画監督・甘粕才生役の豊川悦司が名を連ねている。

あわせて公開された特報では、「君は何者なんだ?」という青江の問いかけに円華が「魔女」と答える場面や、「ラプラスの悪魔になるためには覚悟が必要なんだ」という謙人のセリフ、「見た目より馬鹿ね」「は?」といった円華と青江のやりとりに加えて、甘粕才生、中岡祐二、武尾徹、TAO、羽原全太朗らの姿が確認できる。

『ラプラスの魔女』追加キャスト一覧 ©2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
『ラプラスの魔女』追加キャスト一覧 ©2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット