ニュース

紫綬褒章に松本隆、三谷幸喜、坂茂、宮川大助・花子ら

紫綬褒章受章会見での松本隆
紫綬褒章受章会見での松本隆

芸術や学問、スポーツなどの功労者におくられる紫綬褒章の受章者に、作詞家の松本隆、建築家の坂茂、脚本家の三谷幸喜ら18人が選ばれた。

松本隆は1949年生まれ。はっぴいえんどなどで活動したほか、作詞家としてこれまでに松田聖子“赤いスイートピー”、森進一“冬のリヴィエラ”、薬師丸ひろ子“Woman "Wの悲劇"より”、KinKi Kids“硝子の少年”、Yellow Magic Orchestra“君に、胸キュン。”、大滝詠一“君は天然色 ”など2100曲以上の作詞を手掛けた。9月には松本が全曲作詞を担当したクミコwith風街レビューのアルバム『デラシネ déraciné』をリリースした。

坂茂は1957年生まれ。世界各地で建築設計を手掛けるほか、紙管を構造体にした災害シェルターや仮設住宅を提案している。2014年には「建築界のノーベル賞」とも呼ばれる『プリツカー賞』を受賞した。

三谷幸喜は1961年生まれ。大学在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成し、その後に脚本家として活動。舞台脚本にとどまらず、ドラマ『古畑任三郎』『新選組!』『真田丸』、映画『THE 有頂天ホテル』『ラヂオの時間』などを発表している。

そのほか、将棋棋士の森内俊之、漫才コンビの宮川大助・花子らが受章者に名を連ねている。発令は11月3日を予定。

松本隆は受章について「予想もしていなかった、大変素晴らしい賞を頂きましてとてもびっくりすると同時に光栄に思います」とコメント。「僕の場合、ロックバンド出身。『寄らば大樹』を好んで来なかった。若い時から大きな組織に頼らず自分一人で仕事をしていた。守ってくれるのは自分の作品だけ。そういう思いでやってきたので、自分の作品が自分の存在を証明してれた。その今までの努力がこうして認めてもらって、とてもうれしい」と心境を明かしている。

紫綬褒章受章会見での松本隆
紫綬褒章受章会見での松本隆
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く