ニュース

「生と死のサイクル」について考察 ヴィクター・マンの日本初個展

ヴィクター・マンの個展が、11月10日から東京・原宿のBLUM & POEで開催される。

1974年にルーマニアで生まれたヴィクター・マン。伝統的な絵画様式を踏襲しながら現代的なアプローチで描いた絵画作品を発表している。作品はポンピドゥー国立美術文化センター、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダンなどのパブリックコレクションとして所蔵されているほか、2014年にはドイツ銀行が選ぶ「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

日本初個展となる同展では、「生と死のサイクル」についての考察を展示全体のテーマに据え、ヴィクター・マンの近作や新作を中心に紹介。絵画の伝統的なシンボルや寓意的な要素を備えたポートレートと、静物画の小作品群によって構成される。

会期初日の11月10日にはオープニングレセプションを開催。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載後、会期が延長となりました。

Victor Man, Early Paradise (a draft for All Nations Flag), 2016, Oil on canvas, 27 9/16 x 19 11/16 inches (70 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Early Paradise (a draft for All Nations Flag), 2016, Oil on canvas, 27 9/16 x 19 11/16 inches (70 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, In Adancul Parcurilor Mele (In The Depth Of My Gardens), 2016-2017, Oil on canvas, 23 5/8 x 19 11/16 inches (60 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, In Adancul Parcurilor Mele (In The Depth Of My Gardens), 2016-2017, Oil on canvas, 23 5/8 x 19 11/16 inches (60 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Self-Portrait at Father's Death, 2016, Oil on canvas mounted on wood, 10 5/8 x 7 1/2 inches (27 x 19 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Self-Portrait at Father's Death, 2016, Oil on canvas mounted on wood, 10 5/8 x 7 1/2 inches (27 x 19 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. NHK『LIFE!』で三津谷寛治が『紅白』総括 吉田羊や國村隼、塚本高史らも 1

    NHK『LIFE!』で三津谷寛治が『紅白』総括 吉田羊や國村隼、塚本高史らも

  2. 『Mステ』にFranz Ferdinand、清水翔太、E-girls、Hey! Say!、AKB、JUJU 2

    『Mステ』にFranz Ferdinand、清水翔太、E-girls、Hey! Say!、AKB、JUJU

  3. 高橋一生と齊藤工「どっちが好き?」 『anan』の「選択の技術」特集で表紙 3

    高橋一生と齊藤工「どっちが好き?」 『anan』の「選択の技術」特集で表紙

  4. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 4

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  5. 元アレフ信者のアーティスト・太久磨による個展、ほぼ同じ構図の連作公開 5

    元アレフ信者のアーティスト・太久磨による個展、ほぼ同じ構図の連作公開

  6. スヌーピーがテーマのホテル「PEANUTS HOTEL」が今夏神戸にオープン 6

    スヌーピーがテーマのホテル「PEANUTS HOTEL」が今夏神戸にオープン

  7. 写真集『寝起き女子』に森川葵、るうこ、小鳥遊しほ、阿久津ゆりえら21人 7

    写真集『寝起き女子』に森川葵、るうこ、小鳥遊しほ、阿久津ゆりえら21人

  8. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 8

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  9. ベッド・インに訊く、二人の関係は?強烈キャラの裏にある素顔 9

    ベッド・インに訊く、二人の関係は?強烈キャラの裏にある素顔

  10. 諏訪敦彦8年ぶり長編『ライオンは今夜死ぬ』、ジャン=ピエール・レオ出演 10

    諏訪敦彦8年ぶり長編『ライオンは今夜死ぬ』、ジャン=ピエール・レオ出演