ニュース

「生と死のサイクル」について考察 ヴィクター・マンの日本初個展

ヴィクター・マンの個展が、11月10日から東京・原宿のBLUM & POEで開催される。

1974年にルーマニアで生まれたヴィクター・マン。伝統的な絵画様式を踏襲しながら現代的なアプローチで描いた絵画作品を発表している。作品はポンピドゥー国立美術文化センター、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダンなどのパブリックコレクションとして所蔵されているほか、2014年にはドイツ銀行が選ぶ「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

日本初個展となる同展では、「生と死のサイクル」についての考察を展示全体のテーマに据え、ヴィクター・マンの近作や新作を中心に紹介。絵画の伝統的なシンボルや寓意的な要素を備えたポートレートと、静物画の小作品群によって構成される。

会期初日の11月10日にはオープニングレセプションを開催。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載後、会期が延長となりました。

Victor Man, Early Paradise (a draft for All Nations Flag), 2016, Oil on canvas, 27 9/16 x 19 11/16 inches (70 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Early Paradise (a draft for All Nations Flag), 2016, Oil on canvas, 27 9/16 x 19 11/16 inches (70 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, In Adancul Parcurilor Mele (In The Depth Of My Gardens), 2016-2017, Oil on canvas, 23 5/8 x 19 11/16 inches (60 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, In Adancul Parcurilor Mele (In The Depth Of My Gardens), 2016-2017, Oil on canvas, 23 5/8 x 19 11/16 inches (60 x 50 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Self-Portrait at Father's Death, 2016, Oil on canvas mounted on wood, 10 5/8 x 7 1/2 inches (27 x 19 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
Victor Man, Self-Portrait at Father's Death, 2016, Oil on canvas mounted on wood, 10 5/8 x 7 1/2 inches (27 x 19 centimeters) ©Victor Man, Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/TokyoPhoto: Mathias Schorman
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像