ニュース

ロバート秋山が1人10役、テレ東の推理ドラマ『黒い十人の秋山』が年末放送

『黒い十人の秋山』ロバート秋山ビジュアル ©テレビ東京
『黒い十人の秋山』ロバート秋山ビジュアル ©テレビ東京

秋山竜次(ロバート)の主演ドラマ『黒い十人の秋山』が、2017年末にテレビ東京で放送される。

初めてのドラマ単独主演となるロバート秋山。同作では1人10役に挑戦する。嵐の中、離島のホテルで起きた殺人事件を描いたミステリードラマとなり、10人の容疑者全員を秋山が演じる。秋山以外のキャストとして、刑事役や被害者役らが出演する。

秋山が演じるキャラクターは、世界的オペラ歌手・冴島響一郎、被害者の美人秘書・戻川茜、イカをモチーフに幻想的な絵を描く画家パトリック・ベイカー、声が大きく話が長い建設会社社長・神取忠、美容整形外科医・財津隆也、人の相談に乗りたがるサーファー・赤羽ヒデト、ピンクのファッションが好きなプロゴルファー・犬塚聡子、雑誌『PIN-PIN』専属モデルのリシエル、猫を飼う男・村田安夫、世界的トータルファッションアドバイザーでありデザイナーのYOKO FUCHIGAMI。

共同脚本は『銀と金』の根本ノンジと、『下北沢ダイハード』『バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』などを手掛けたプロデューサーの濱谷晃一。監督は『素敵な選TAXI』の筧昌也が担当している。プロデューサーも務める濱谷は、同作について「クリエイターズ・ファイルの秋山さんが大好きで、容疑者が全員秋山さんだったら面白いな…とただその一点で企画しました。企画書の表紙だけ編成に見せたら、まさかの『やろう!』という返事が…テレビ東京っておかしな会社だと思いました」とコメントしている。

秋山竜次(ロバート)のコメント

初めて台本を頂いて読んだ時、謎解きサスペンスでハラハラして面白いと思いました。
ストーリー自体楽しんでもらえる話になっていると思います。
僕はもちろん頑張りますが、カツラ業者さん、メイクさん、スタイリストさんにもかなりの負担がかかると思いますので頑張ってください(笑)

濱谷晃一(テレビ東京)のコメント

クリエイターズ・ファイルの秋山さんが大好きで、容疑者が全員秋山さんだったら面白いな…とただその一点で企画しました。企画書の表紙だけ編成に見せたら、まさかの「やろう!」という返事が…テレビ東京っておかしな会社だと思いました。
企画はぶっ飛んでいますが、内容は本格ミステリーを目指しています。監督も敬愛する筧昌也監督なので、とてもかっこいい映像になるのではないかと思います。
そんな本格ミステリーの容疑者をすべて秋山さんが熱演してたらと思うと…そのギャップに今からワクワクしています。
秋山さん以外の共演者陣もとても豪華です。ひとえに秋山さんの魅力のおかげです。
盟友の根本ノンジさんご指導のもと、勢い余って脚本のベースも自分で書いてみました。
ここまで自由なドラマはこれで最後だと思いますので、ぜひご覧ください!

秋山竜次(ロバート)が演じる冴島響一郎 ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じる冴島響一郎 ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じる戻川茜 ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じる戻川茜 ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じるパトリック・ベイカー ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じるパトリック・ベイカー ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じる神取忠 ©テレビ東京
秋山竜次(ロバート)が演じる神取忠 ©テレビ東京
画像を拡大する(21枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年