ニュース

2010年代のアートを100のキーワードで解説 『美術手帖』特集

『美術手帖12月号』より
『美術手帖12月号』より

特集記事「これからの美術がわかるキーワード100」が、11月17日刊行の『美術手帖12月号』に掲載されている。

2010年代のアートの動向や新しい概念を、100のキーワードで解説する同特集。100のキーワードを欧米と日本およびアジアの美術動向、美学、テクノロジー、キュレーション、保存修復、アートマーケットなど11のカテゴリーに分けて、各分野の研究者たちが具体的な作品ビジュアルを交えて解説する。選出されたキーワードには、「グローバル・アートヒストリー」「表現規制」「バイオ・アート」「人工知能」「アート・アーカイヴ」「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」などが並ぶ。

また直近10年間の世界の美術動向を辿った年表に加え、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)、椹木野衣による2020年代の美術の展望を綴ったエッセイも掲載。そのほかに「コンテンポラリー・アートとは何か」と題した大森俊克、沢山遼、新藤淳、星野太の4人による対談や、佐々木敦による「2010年代の身体表現とアートの関係」、石岡良治による「『My Lonsome Cowboy』の前で」といったコラムなどが掲載されている。

『美術手帖12月号』表紙
『美術手帖12月号』表紙
『美術手帖12月号』より
『美術手帖12月号』より
『美術手帖12月号』より
『美術手帖12月号』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開