『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年冬に公開される。

同作は、昨年公開された『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』の最新作。今回は舞台をニューヨークからロンドンの魔法界に移して物語が展開する。前作に引き続き、監督はデイビッド・イェーツ、脚本は『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが務めた。現在ワーナーブラザースのイギリス・リーブスデンスタジオで撮影中。

あわせて主要キャストのファーストルックが公開。エディ・レッドメイン演じる主人公・魔法動物学者のニュート、キャサリン・ウォーターストン演じる闇払いのティナ、アリソン・スドル演じるティナの妹クイニー、ダン・フォグラー演じるジェイコブ、エズラ・ミラー演じるクリーデンス、クラウディア・キム演じる呪いの血の運び屋マレディクタスに加え、新キャストとなるジュード・ロウ演じる若き日のダンブルドアや、ジョニー・デップ演じる魔法使いグリンデルバルド、ゾーイ・クラヴィッツ演じるニュートの過去に関わる女性リタ、カラム・ターナー演じるニュートの兄テセウスらの姿が写し出されている。原題は『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』。

作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

2018年冬公開
監督:デイビッド・イェーツ 原作・脚本:J・K・ローリング 出演: エディ・レッドメイン キャサリン・ウォーターストン アリソン・スドル ダン・フォグラー エズラ・ミラー クラウディア・キム ジュード・ロウ ジョニー・デップ ゾーイ・クラヴッツ カラム・ターナー キム・スヒョン ブロンティス・ホドロフスキー ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて