メカゴジラも登場? アニメ版ゴジラ第2章は『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

アニメーション映画版『ゴジラ』第2章のタイトルが『GODZILLA 決戦機動増殖都市』になることが判明。あわせてティザービジュアルが公開された。

本日11月17日から全国公開される『GODZILLA 怪獣惑星』の続編で、3部作の2作目となる『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。公開時期は2018年5月からとなり、第1章に引き続いて監督は静野孔文と瀬下寛之、ストーリー原案と脚本は虚淵玄(ニトロプラス)、アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが手掛ける。

ティザービジュアルは人類が暗闇の中で何かと対峙している様子を描いたもの。なお人類がかつて対ゴジラ決戦兵器「メカゴジラ」を極秘裏に開発していたという設定も明かされており、公開されたビジュアルとの関係が気になるところだ。ティザービジュアルは上映劇場で本日から掲出され、劇場前売鑑賞券とムビチケの販売がスタート。購入特典は「メカゴジラクリアファイル」となる。

イベント情報

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

2018年5月から全国公開
監督:静野孔文、瀬下寛之 ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス) アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ 配給:東宝映像事業部
イベント情報

『GODZILLA 怪獣惑星』

2017年11月17日(金)から全国公開
監督:静野孔文、瀬下寛之 ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス) アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ 主題歌:XAI“WHITE OUT” 声の出演: 宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • メカゴジラも登場? アニメ版ゴジラ第2章は『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて