瀬々敬久『ヘヴンズ ストーリー』今年も劇場上映 初日に村上淳ら登壇

瀬々敬久監督の映画『ヘヴンズ ストーリー』のアンコール上映が12月2日から東京・新宿K's cinemaで開催される。

2010年に劇場公開された『ヘヴンズ ストーリー』は、家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、1人息子を育てながら復讐代行を副業にする警官、理由なき殺人を犯した青年など、ある殺人事件をきっかけに20人を超える登場人物の人生が絡み合う様を描く復讐と再生の物語。全9章で構成され、上映時間は4時間を超える。『第61回ベルリン国際映画祭』では国際批評家連盟賞とNETPAC賞に輝いた。

7年連続のアンコール上映となる今回のイベント。今年も35ミリフィルムで上映が行なわれる。初日の12月2日には瀬々監督と、キャストの忍成修吾、村上淳、山崎ハコ、菜葉菜、栗原堅一、大島葉子、渡辺真起子、川瀬陽太が登壇する舞台挨拶を実施。また会期中の上映後トークには監督をはじめ、片岡礼子、寉岡萌希、相澤虎之助、山崎ハコが出演する。スケジュールの詳細はオフィシャルブログでチェックしよう。

なお『ヘヴンズ ストーリー』のBlu-rayとDVDが12月6日にリリースされる。

瀬々敬久監督のコメント

『ヘヴンズ ストーリー』は自分にとって一生に一本となるような作品だと思っている。勿論いろんな意味で次作こそは、これを越えたいと常に思ってるのだけど。大阪で上映されたとき、若い頃の自主映画仲間から言われた。「ぜぜ、これ撮れてよかったな」
だから映画館で上映し続けたいのだ。ワガママ極まりないけれども、そう思っているのであります。

イベント情報

『ヘヴンズ ストーリー』アンコール上映

2017年12月2日(土)〜12月8日(金) 会場:東京都 新宿K's cinema
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 瀬々敬久『ヘヴンズ ストーリー』今年も劇場上映 初日に村上淳ら登壇

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて