ニュース

ジェニファー・ローレンスが妖艶なスパイに 『レッド・スパロー』3月公開

『レッド・スパロー』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『レッド・スパロー』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『レッド・スパロー』が3月30日から全国で公開される。

『ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督がジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ同作。原作は元CIA工作員という経歴を持つジェイソン・マシューズの同名小説となる。

物語の主人公は事故でバレリーナの夢を絶たれ、母を守るために自分の意に反してロシア政府が極秘で組織した諜報機関の一員となったドミニカ。ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュに近づくミッションを受けた彼女が、互いにスパイでありながらナッシュと惹かれ合い、騙し合いの連鎖に陥るというあらすじだ。

自分の肉体を使った誘惑や、心理操作などを駆使して情報を盗み出すスパイ「スパロー」になるための訓練を受けるドミニカ役をジェニファー・ローレンスが演じる。ドミニカと惹かれ合うナッシュ役にはジョエル・エドガートンがキャスティング。共演者にはマティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズが名を連ねる。

フランシス・ローレンス監督は同作について「理屈抜きで必要に迫られた人が、信じられないような状況に陥るというストーリーに惹かれた。なぜなら、観客が主人公の気持ちになって想像力を膨らませるのは良いことだと思うから。このストーリーは、感情に訴えるんだ」とコメント。また原作者のマシューズについては「彼と彼の奥さんは、CIAのスパイとして活躍し、世界を飛び回っていた。2人は、走っている車から飛び降りるとか、80年代に潜入者を見つけようとしたこととか、信じられないようなクレイジーな話をしてくれた」と明かしている。

『レッド・スパロー』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『レッド・スパロー』 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで