ジェニファー・ローレンスが妖艶なスパイに 『レッド・スパロー』3月公開

映画『レッド・スパロー』が3月30日から全国で公開される。

『ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督がジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ同作。原作は元CIA工作員という経歴を持つジェイソン・マシューズの同名小説となる。

物語の主人公は事故でバレリーナの夢を絶たれ、母を守るために自分の意に反してロシア政府が極秘で組織した諜報機関の一員となったドミニカ。ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュに近づくミッションを受けた彼女が、互いにスパイでありながらナッシュと惹かれ合い、騙し合いの連鎖に陥るというあらすじだ。

自分の肉体を使った誘惑や、心理操作などを駆使して情報を盗み出すスパイ「スパロー」になるための訓練を受けるドミニカ役をジェニファー・ローレンスが演じる。ドミニカと惹かれ合うナッシュ役にはジョエル・エドガートンがキャスティング。共演者にはマティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズが名を連ねる。

フランシス・ローレンス監督は同作について「理屈抜きで必要に迫られた人が、信じられないような状況に陥るというストーリーに惹かれた。なぜなら、観客が主人公の気持ちになって想像力を膨らませるのは良いことだと思うから。このストーリーは、感情に訴えるんだ」とコメント。また原作者のマシューズについては「彼と彼の奥さんは、CIAのスパイとして活躍し、世界を飛び回っていた。2人は、走っている車から飛び降りるとか、80年代に潜入者を見つけようとしたこととか、信じられないようなクレイジーな話をしてくれた」と明かしている。

作品情報

『レッド・スパロー』

2018年3月30日(金)から全国公開
出演: ジェニファー・ローレンス ジョエル・エドガートン マティアス・スーナールツ シャーロット・ランプリング メアリー=ルイーズ・パーカー ジェレミー・アイアンズ 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジェニファー・ローレンスが妖艶なスパイに 『レッド・スパロー』3月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて