映画『君の名前で僕を呼んで』4月に公開 17歳の少年×24歳の青年の恋描く

映画『Call Me By Your Name』が『君の名前で僕を呼んで』の邦題で4月から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

アンドレ・アシマンが2007年に発表した小説『Call Me By Your Name』を原作とした同作。1983年の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳のエリオが大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと惹かれあっていく様が描かれる。

エリオ役にティモシー・シャラメ、オリヴァー役にアーミー・ハマーがキャスティング。監督は『胸騒ぎのシチリア』のルカ・グァダニーノが務め、脚色はジェームズ・アイヴォリーが手掛けた。原題の直訳である邦題は、物語の重要なセリフの一部でもあり、「これ以外の邦題はない」と配給関係者満場一致で決定したという。なお同作は『第75回ゴールデングローブ賞』作品賞、主演男優賞、助演男優賞の3部門にノミネートされるなど現時点で29の受賞、99のノミネートが決まっている。

作品情報

『君の名前で僕を呼んで』

2018年4月からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:ルカ・グァダニーノ 脚色:ジェームズ・アイヴォリー 原作:アンドレ・アシマン 出演: ティモシー・シャラメ アーミー・ハマー ほか 上映時間:132分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『君の名前で僕を呼んで』4月に公開 17歳の少年×24歳の青年の恋描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて