ニュース

漫画×オーケストラ 浦沢直樹と岩代太郎の手塚治虫トリビュート公演

左から岩代太郎、浦沢直樹
左から岩代太郎、浦沢直樹

手塚治虫のトリビュートコンサート『岩代太郎×浦沢直樹 MANGA SYMPHONY「○」』が、3月31日に東京・池袋の東京芸術劇場 コンサートホールで開催される。

2018年に生誕90周年を迎える手塚治虫。同公演は手塚の作品『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」をリメイクした『PLUTO』などの作品を発表している漫画家・浦沢直樹と、ジョン・ウー監督作など数々の映画音楽を手掛ける作曲家の岩代太郎によるコラボレーションイベントとなる。

公演は2部構成。第1部は手塚へのトリビュートコーナーとして、歴代のアニメ作品の楽曲を演奏するほか、浦沢直樹と岩代太郎によるトークが行なわれる予定だ。

第2部は「○」をテーマに据えたコラボレーションを実施。岩代太郎が漫画にインスピレーションを受けて作曲した全8楽章で構成される交響楽が演奏され、同時にステージ上のスクリーンには、浦沢の絵が1本の線から作品として完成していく過程が映し出される。

第2部の音楽スコアと漫画は共に同公演のために書き下ろされるもの。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当する。岩代の楽曲に想を得て浦沢がその場で絵を描くライブドローイングも計画されているという。チケットの先行予約は本日12月21日から受付開始。一般販売は1月14日からスタートする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで