漫画×オーケストラ 浦沢直樹と岩代太郎の手塚治虫トリビュート公演

手塚治虫のトリビュートコンサート『岩代太郎×浦沢直樹 MANGA SYMPHONY「○」』が、3月31日に東京・池袋の東京芸術劇場 コンサートホールで開催される。

2018年に生誕90周年を迎える手塚治虫。同公演は手塚の作品『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」をリメイクした『PLUTO』などの作品を発表している漫画家・浦沢直樹と、ジョン・ウー監督作など数々の映画音楽を手掛ける作曲家の岩代太郎によるコラボレーションイベントとなる。

公演は2部構成。第1部は手塚へのトリビュートコーナーとして、歴代のアニメ作品の楽曲を演奏するほか、浦沢直樹と岩代太郎によるトークが行なわれる予定だ。

第2部は「○」をテーマに据えたコラボレーションを実施。岩代太郎が漫画にインスピレーションを受けて作曲した全8楽章で構成される交響楽が演奏され、同時にステージ上のスクリーンには、浦沢の絵が1本の線から作品として完成していく過程が映し出される。

第2部の音楽スコアと漫画は共に同公演のために書き下ろされるもの。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当する。岩代の楽曲に想を得て浦沢がその場で絵を描くライブドローイングも計画されているという。チケットの先行予約は本日12月21日から受付開始。一般販売は1月14日からスタートする。

イベント情報

手塚治虫生誕90周年イベント
『岩代太郎×浦沢直樹 MANGA SYMPHONY「○」 SUPPORTED BY 西武鉄道』

2018年3月31日(土) 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 コンサートホール
音楽・指揮:岩代太郎 作画:浦沢直樹 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 料金:S席7,800円 A席7,300円 ※3歳以下無料
  • HOME
  • Music
  • 漫画×オーケストラ 浦沢直樹と岩代太郎の手塚治虫トリビュート公演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて