『キューティーハニー』来年アニメ化 コンセプトは「カッコかわいい女の子」

永井豪『キューティーハニー』が、『Cutie Honey Universe』として2018年にアニメ化される。

自身の作品『デビルマン』をもとにした『DEVILMAN crybaby』、『マジンガーZ』をもとにした『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』がそれぞれ2018年に配信、公開される永井豪。『キューティーハニー』は天才科学者・如月博士によって作られた美少女アンドロイド・キューティーハニーの活躍を描く作品で、1973年に漫画連載がスタートし、同年にテレビアニメ化された。以降もアニメ『キューティーハニーF』や庵野秀明監督による実写映画、西内まりや主演の実写映画『CUTIE HONEY -TEARS-』などが制作されている。

永井豪のデビュー50周年を記念して制作される『Cutie Honey Universe』。今回は「カッコかわいい女の子」をコンセプトにアニメ化するという。監督は横山彰利、シリーズ構成は高橋ナツコ、キャラクターデザインと作画監督は井関修一が手掛ける。アニメーション制作はプロダクションリードが担当。公開されたティザービジュアルには如月ハニーの七変化の姿が描かれている。

原作者の永井豪は今回のアニメ化について「少年マンガ週刊誌とTVアニメ番組とで、同時スタートした私のヒロインは、何度も、アニメやマンガ、映画になって活躍し続けてきました。今回のアニメ化のコンセプトが【カッコかわいい】ということで、如月ハニーが、現代にどのように蘇り、どんな“カッコかわいい”活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしています」とのコメントを寄せている。

なおアニメ化を記念して『Cutie Honey Universe』特製抱き枕を発売。如月ハニーのコスチュームを脱がせることのできるデザインになっている。抱き枕は12月29日から開催される『コミックマーケット93』のEXIT TUNESブースで先行販売される。

永井豪のコメント

僕の代表作である「デビルマン」「マジンガーZ」に続き「キューティーハニー」のアニメ化が決まり、本当にうれしいです!これで、永井豪50周年記念アニメ化作品は完結することになるでしょう。
少年マンガ週刊誌とTVアニメ番組とで、同時スタートした私のヒロインは、何度も、アニメやマンガ、映画になって活躍し続けてきました。今回のアニメ化のコンセプトが【カッコかわいい】ということで、如月ハニーが、現代にどのように蘇り、どんな“カッコかわいい”活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしています。

作品情報

『Cutie Honey Universe』

2018年にアニメ化
監督:横山彰利 原作:永井豪 シリーズ構成:高橋ナツコ キャラクターデザイン・作画監督:井関修一 アニメーション制作:プロダクションリード
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『キューティーハニー』来年アニメ化 コンセプトは「カッコかわいい女の子」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて