ニュース

小沢健二の新SGがバレンタインデーに発売 『リバーズ・エッジ』主題歌収録

小沢健二のニューシングル『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』が2月14日にリリースされる。

昨日12月22日に『ミュージックステーション スーパーライブ2017』に出演し、“今夜はブギー・バック featuring スチャダラパー”と“流動体について”をメドレーで披露した小沢健二。番組当日の楽屋は椎名林檎、福山雅治の隣で、星野源とも会話したことを自身のオフィシャルサイトで明かしている。

『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』のタイトル曲は、2月に全国のTOHO系で公開される岡崎京子原作の『リバーズ・エッジ』の主題歌。クランクイン前に岡崎京子と小沢健二、二階堂ふみの3人が会談した際に、小沢が主題歌を担当することが自然に決まったという。小沢にとって初の映画主題歌となる同曲には、映画に出演している二階堂ふみと吉沢亮も参加している。先日、小沢健二のオフィシャルサイトで歌詞が公開された。全収録内容は後日発表される予定だ。

主題歌発表時、二階堂ふみは楽曲について「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました」とコメント。吉沢亮は「初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」、『リバーズ・エッジ』の監督を務めた行定勲は「映画の終わり方として、何かひとつの時代性の総括がほしいと思っていました。『あの時代はなんだったのか』ということを語るのに、岡崎京子を一番理解している人間はメロウじゃなくて感傷的じゃなくて、ものすごく爽やかなんだと。だからこんなにも力強いんだって」とコメントしている。

なお小沢健二は4月23日に東京国際フォーラム、4月29日に大阪城ホール、5月2日と3日に日本武道館でライブを行なうことをオフィシャルサイトで発表。「36人編成ファンク交響楽」になるという。詳細は来年発表される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾