ニュース

小沢健二の新SGがバレンタインデーに発売 『リバーズ・エッジ』主題歌収録

小沢健二のニューシングル『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』が2月14日にリリースされる。

昨日12月22日に『ミュージックステーション スーパーライブ2017』に出演し、“今夜はブギー・バック featuring スチャダラパー”と“流動体について”をメドレーで披露した小沢健二。番組当日の楽屋は椎名林檎、福山雅治の隣で、星野源とも会話したことを自身のオフィシャルサイトで明かしている。

『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』のタイトル曲は、2月に全国のTOHO系で公開される岡崎京子原作の『リバーズ・エッジ』の主題歌。クランクイン前に岡崎京子と小沢健二、二階堂ふみの3人が会談した際に、小沢が主題歌を担当することが自然に決まったという。小沢にとって初の映画主題歌となる同曲には、映画に出演している二階堂ふみと吉沢亮も参加している。先日、小沢健二のオフィシャルサイトで歌詞が公開された。全収録内容は後日発表される予定だ。

主題歌発表時、二階堂ふみは楽曲について「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました」とコメント。吉沢亮は「初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」、『リバーズ・エッジ』の監督を務めた行定勲は「映画の終わり方として、何かひとつの時代性の総括がほしいと思っていました。『あの時代はなんだったのか』ということを語るのに、岡崎京子を一番理解している人間はメロウじゃなくて感傷的じゃなくて、ものすごく爽やかなんだと。だからこんなにも力強いんだって」とコメントしている。

なお小沢健二は4月23日に東京国際フォーラム、4月29日に大阪城ホール、5月2日と3日に日本武道館でライブを行なうことをオフィシャルサイトで発表。「36人編成ファンク交響楽」になるという。詳細は来年発表される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に