ニュース

西尾維新×中村光『十二大戦』舞台化 寝住役は北村諒、失井役は滝川広大

西尾維新の小説『十二大戦』が舞台化され、5月4日から兵庫・新神戸オリエンタル劇場、5月9日から東京・北千住のシアター1010で上演される。

2015年に発表された『十二大戦』は、西尾維新が小説、中村光がイラストを担当した作品。「一つだけ叶えられる願い」を巡って干支の名を持つ12人の戦士が戦う様が描かれる。アニメ版が10月から放送されたほか、12人の戦士と12星座の名を持つ「十二戦犯」の戦いを描く小説『十二大戦対十二大戦』が12月に刊行。「少年ジャンプ+」では暁月あきらによるコミカライズ版が連載中だ。

舞台版の出演者は寝住役の北村諒、失井役の滝川広大、妬良役の今村美歩、憂城役の才川コージ、断罪兄弟の兄役の橋本祥平、弟役の長谷川慎也、迂々真役の横山真史、必爺役の原勇弥、砂粒役の竹内夢、庭取役の梅村結衣、怒突役の伊阪達也、異能肉役の護あさな、ドゥデキャプル役の和泉宗兵。脚本・演出は伊勢直弘、音楽は椎名豪が手掛ける。

寝住役を演じる北村諒は同作への出演について「西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、寝住を演じさせていただけること、とても嬉しく思います!常に眠いのは僕も同じです(笑)」とコメントしている。今回の発表とあわせて北村扮する寝住の姿を写したティザービジュアルが公開された。

北村諒のコメント

『十二大戦』舞台化おめでとうございます!
西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、寝住を演じさせていただけること、とても嬉しく思います!
常に眠いのは僕も同じです(笑)

滝川広大のコメント

自分が演じる、失井は通称『皆殺しの天才』。 この響きにとてつもない衝撃を受けました。かけ離れてる生き様に触れられる機会が楽しみでなりません。テレビアニメのバトル描写を観ているだけでも、魔法にかかったかのように自分が引き込まれていくのがわかりました。その戦いを自分さえも震え上がり、ぶつかり合う姿を皆様に届けることを誓います。そして純粋に強い失井に全てを捧げる。宜しくお願いします。

今村美歩のコメント

正しいことをしたいという正義への意志、悲しく重い過去など、妬良という人間の生き様はとても深く、本当に素敵で魅力的な人物だと思います。
1人しか生き残れない闘いの中で見れる、それぞれの魂の覚悟が見え、私自身、生半可な気持ちでは演じれないと思っております。
私にしかできない妬良の生き様を表現できるよう、しっかり勉強していきますので、楽しみにしていてくださいませ。

才川コージのコメント

テレビアニメ『十二大戦』は戦闘シーンが魅力的でとてもカッコいいですし、憂城はキャラクターの中で1番好きだったのでとても嬉しいです!
彼の服装はとても露出が高いので、まずはそこに近づけるように身体作りから頑張ります!異常に狂い、異常に殺す。ステージ上で表現していきたいです。
皆さん!よろしくお願いします! 

橋本祥平のコメント

自分が演じる断罪兄弟の兄は双子の弟と共に戦う戦士であり、水冷放射器を武器としております。「遊ぶ金欲しさに殺す」という名乗りの通り、善悪というより楽しいかそうでないかで行動している今回の役所に非常に演じ甲斐がありそうだなとワクワクしております。作品も選ばれた十二人の戦士が命を懸けて戦うバトルロイヤルとなっていて舞台ではたくさんアクションシーンがあると思われるので是非楽しみにして欲しいです!

長谷川慎也のコメント

大好きな西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、本当に嬉しいです。
原作冒頭からあんなことになる弟ですが、舞台でどう演出され、どう生きるか、僕自身とても楽しみです。精一杯演じさせていただきます。

横山真史のコメント

テレビアニメ「十二大戦」を観ていて、「この役俺っぽいな!」と勝手に思っていて、決まった時はビックリしました!
しかも名前まで「真」が同じでまたまた勝手に親近感を覚えていました(笑)
圧倒的過ぎる存在感、舞台上で遺憾無く発揮したいと思います!!

原勇弥のコメント

皆さん初めまして。
「十二大戦」の見所は激しい戦闘シーンだと思っています。
必爺の知略と疾走感を戦闘で表現できるように、お爺ちゃん頑張ります。
皆さま楽しみにしていてください!

竹内夢のコメント

テレビアニメ『十二大戦』が大好きでずっと見ていた作品が舞台化すること、砂粒といういつでも迷わずまっすぐな役を演じられること、なんて私は幸せ者なんだろうと何度も思いました。
繊細に描かれたキャラクターの心情、そこから繰り広げられるアクションはこの作品の見どころだと思います。原作ファンの皆さんの期待を裏切らないよう、砂粒のかっこいいアクションができるように全身全霊で頑張ります!

梅村結衣のコメント

テレビアニメ『十二大戦』を観ていて「演じるなら庭取がいい!」と思っていたので決まった時は嬉しかったです。
私が演じる庭取は雰囲気とは違って頭が良く、自分のために何でもするような子なんですが、どこか優しい一面があり、こんな素敵な役をいただいてありがたいです。
舞台ではアクションやキャラクターなど、一人一人に個性があって見どころばかりだと思います!庭取の心情を上手く伝えられるよう頑張ります!

伊阪達也のコメント

西尾維新先生の作品は『めだかボックス』の頃から好きでした。
『十二大戦』はテレビアニメで見ていたので、お話をいただいた時は嬉しかったと同時に「何役だろ!?」って気になったのを覚えています。
戌だと聞いた時は本当に嬉しかったです。僕は元来、大型犬気質なのです。
戌年ですし、みなさん是非戌を応援してください!!噛み付いていきます!

護あさなのコメント

異能肉役をいただいて「十二支の仲間入りか!」と嬉しく思いました。私は午年なんですが、人からはよく亥みたいな女だと言われます。役に生かせたらと思います!
テレビアニメ『十二大戦』の冒頭、異能肉の登場シーンがとても衝撃的でした。
舞台ではどのよう描かれるのか今からとても楽しみにしています。
また、舞台ではアクションがどう演出されるのかご期待ください!

和泉宗兵のコメント

西尾維新先生が原作小説を書かれているこの作品、漫画・アニメと広がってきた世界観を演劇の舞台空間でどこまで想像力を広げ『十二大戦』のバトルロイヤルの世界へ皆さんを誘えるか。審判員として勤しみます。エブリバディ・クラップ・ユア・ハンズ!

舞台『十二大戦』ティザービジュアル ©西尾維新・中村光/集英社 ©エイベックス・ピクチャーズ株式会社
舞台『十二大戦』ティザービジュアル ©西尾維新・中村光/集英社 ©エイベックス・ピクチャーズ株式会社
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで