ニュース

NHKのお風呂文化番組『お風呂頂きます』にサンド&スピワ 語りはコムアイ

コムアイ
コムアイ

バラエティー番組『湯けむり人情バラエティー お風呂頂きます~兵庫県 新温泉町編~』が1月4日にNHK総合で放送される。

『湯けむり人情バラエティー お風呂頂きます』は、伊達みきお(サンドウィッチマン)、富澤たけし(サンドウィッチマン)、小沢一敬(スピードワゴン)、井戸田潤(スピードワゴン)の4人が温泉地を巡るバラエティー。今回はドラマ『夢千代日記』の舞台にもなった兵庫・新温泉町を訪れて、地元の人々と触れ合いながらお風呂文化を堪能する。ナレーションはコムアイ(水曜日のカンパネラ)が担当。

コムアイ(水曜日のカンパネラ)のコメント

企画オファー時の気持ちについて
「え。なんでお風呂の番組に呼んでいただいたのかな?」とちょっと不思議だったんですけど、制作の方に聞いたら、(水曜日のカンパネラで)「ディアブロ」という歌を出していて、それがお風呂の歌なんですけど、これをいっぱい番組でも使ってくださっていて、それでなるほど!と思いました。
ナレーションで気をつけたことについて
結構噛むので、ナレーションには向いていないんですけれど・・・でもやってます(笑)。結構訛りがあるみたいなんですけど、それもやってみないとわからなくて、読んでみて指摘されることがあったりするのでおもしろいです。
音楽活動との違いについて
音楽で歌うときとの違いは意外になくて、ことばのフローみたいなものがどうだと
どういうふうに感じるか、というのを(ナレーションでも)やっているので、それは歌をやっている時とすごい似ているな、と思います。
お風呂へのこだわりについて
こだわり、ではないのですが、(引っ越してきた)今の家のお風呂が猫足のバスタブで、これが結構良くて、入ってみてわかったんですけど、寝ると角がないのですごく気持ちよくて、磨くのも楽ですね。
お風呂がガラス張りになっていて外からスケスケなので、ずっとカーテンは閉めっぱなしです。
番組の見どころについて
お風呂に入れてもらうのが目的なのに、食べ物が出てきたときに、サンドウィッチマンとスピードワゴンの4人の目がかなりリアルになるのところが面白いです。(笑)
お風呂に入ることについて
はい、大好きです!
お風呂のどのようなところが好きか
温泉も銭湯もすごく好きで、本当に日本のいいところだと思います。家のお風呂も好きなんですけど、私も番組のように、いろいろなお風呂に入りたいタイプで、観光したらお風呂に入ってから帰る、ということをよくやりますね。
入れ墨も入れてみたいと思ったことがあったんですけど、銭湯に入れなくなるのが嫌なので我慢しました(笑)

伊達みきお(サンドウィッチマン)のコメント

全国的にも珍しい「温泉」と名の付く町で、なんと自宅のお風呂に入れて頂くという無謀なロケでした。一体、どれだけの方が自宅の一番奥にあるお風呂に他人を招き入れてくれるのか…。美味しい旬の味覚、超高級なお肉も沢山食べさせていただきました。
心と身体が温まる番組になったはずです。多分、第2弾はないと思いますので(笑)、ぜひご覧ください。

富澤たけし(サンドウィッチマン)のコメント

ロケは雨、雪、あられまで降る寒い日でしたが、町の人たちのあたたかさに触れ、お風呂のあたたかさににも癒やされるポッカポカな番組になっています!
年始に家族みんなでぜひご覧下さい!あ、ポロリもあるかも!?

小沢一敬(スピードワゴン)のコメント

お正月早々の放送なのに他人様のおうちのお風呂にあがらせてもらう、なんというふざけた企画なんだと思いました。
僕の家族はお正月、いつも親戚のおじちゃんやいとこのお姉さんたちとおばあちゃんの家に集まって過ごしていました。大人数で順番にお風呂に入る。正直苦手でした。普段ほとんど会わない人たちや、おばあちゃんのお家の普段入らないお風呂。
ずっと苦手なまま大人になり、この番組で他人様のおうちのお風呂に入らせてもらうことになりました。お風呂に入るということは飾りも何もない裸の自分を見せること。その人のことを前よりも好きになれる。将来みんなが訪ねて来たらみんなで入れる、大きなお風呂のあるおうちに住みたいと思いました。

井戸田潤(スピードワゴン)のコメント

よそ様の自宅のお風呂に入る番組.....正直気乗りしてなかったです。しかもガチで交渉。こりゃNHKさんもヤキが回ったと思いました。
お風呂は好きですが、それはあくまで銭湯とか自宅の風呂の話であって…。でも、実際にやってみると、風呂も、お世話になったご家族の話も、あったまりました。
なんだか実家に帰りたくなるような番組です。皆さんもぜひ見てあったまってください。

コムアイ
コムアイ
コムアイ
コムアイ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く