ニュース

ハバナイがZeppワンマン無料プロジェクト実施中、Chim↑Pomと中継鑑賞権も

Have a Nice Day!によるクラウドファンディングプロジェクト「Have a Nice Day!(ハバナイ)、最新リリースとフリーパーティー概要」が、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で4月1日まで行なわれている。

同企画は、1月12日にCAMPFIREでデジタルリリースされたHave a Nice Day!の最新音源『Dystopia Romance 3.0』の売上および各種リターンで目標金額の300万円を達成し、5月1日に東京・お台場のZepp Diver Cityで行なわれるワンマンライブ『Dystopia Romance 3.0リリースパーティー Have a Nice Day! ONE MAN SHOW』をフリーイベントにしようとするもの。「All or Nothing」方式となり、既に60万円以上の支援が集まっている。

金額に応じたリターンには、会場に優先入場できる「5/1のモッシュピットゾーン用リストバンド」「LEF!!!CREW!!!によるHave a Nice Day!過去音源のウルトラメガミックス」、Chim↑Pomのメンバーと共に東京・新宿のスナック「歌舞伎町スコラ」でワンマンライブを生中継で観覧できる「Chim↑Pom VIPシート(ペア券)」、モッシュで作られた野菜の漬け物を打ち上げで食べることができる「ぼく脳リターン『全国のモッシュ漬け』」などを用意。詳細はCAMPFIREのプロジェクトページで確認しよう。

YouTubeでは、今回のプロジェクトの概要を追った岩淵弘樹監督のドキュメント映像、Spotifyでは『Dystopia Romance 3.0』の収録曲“Everything,Everything,Everything”“Riot Girl(CRZKNY mix)”が公開されている。

Have a Nice Day!のコメント

ウェルカムトゥースカムパーク、ウィアザ Have a Nice Day!。
オレたちのニューシット“Dystopia Romance 3.0”を本日よりこのCAMPFIREでリリースすることにしたよ。そしてその売り上げ300万円で5月1日のZeep DiverCityでのリリースパーティーをフリーイベントにしようと思う。これはその80日間+1日のゲームの詳細だ。

ここ2年ほど、オレたちは最高だと感じる瞬間を何度作り出せただろうか?

音源としてはアルバムのThe Manual、EPのDystopia Romance 2.0、そしてFallin DownとFantastic Dragの2枚のシングルをリリースした。そこからファウスト、LOVE SUPREME、マーベラスという強力なライブアンセムを生み出せたし、フィジカルかつラフなエナジーに満ちたライブをし続けることができた。いなくなったヤツや、続けることができなかったヤツの屍を尻目にオルタナティブな闘争を続けていることはまことにもって天晴れと言うべきだろ?

だが悲しいことにオレが思い描いた素晴らしいことは起きなかったよ。そして今後もそれが起きることはないだろう、ということがオレにも分かってきた。先進的な革命めいたものが起きることをロマンチックに妄想してたのだが、どうやらわれわれのような歪な存在は“彼ら”の世界にはあまりフィットしていないようだ。

東京という街の混沌から突然変異的に発生したわれわれの存在意義が一体何だったのか。せめてこの街のどこかにもっと大きな穴を空けてみたい。結局言えることは2015年のあのときと同じさ、とにかくパーティーを続けようってことだよね。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Have a Nice Day!
Have a Nice Day!
Have a Nice Day!
Have a Nice Day!
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性