「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

映画『娼年』の公開日が4月6日に決定。あわせて特報が公開された。

同作は、松坂桃李主演で舞台化もされた石田衣良の小説が原作。無気力な生活を送る主人公・リョウが、会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナー・御堂静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事をしていくなかでやりがいを見い出し、やがて静香に思いを寄せていくというあらすじだ。リョウ役を舞台版に引き続き松坂桃李が演じ、監督を舞台版の脚本、演出を手掛けた三浦大輔が務める。

今回公開された特報は、リョウが女性の「私、今すぐ、リョウくんとしたいな…」という囁きに戸惑う場面からスタート。続けて、2人がキスをする姿や、女性の体が弄られる場面などが映し出される。なお、同作はR-18+指定作品となる。

作品情報

『娼年』

2018年4月6日(金)からTOHOシネマズ新宿ほか全国公開
監督・脚本:三浦大輔 原作:石田衣良『娼年』(集英社文庫) 出演: 松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬 江波杏子 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて