ジェレミー・レナー×エリザベス・オルセン『ウィンド・リバー』が夏公開

映画『ウィンド・リバー』が今夏に東京・角川シネマ有楽町ほか全国で公開される。

雪深いアメリカ・ワイオミング州「ウインド・リバー」を舞台にした同作。FBIの新人捜査官ジェーン・バナーは、突如発見された女性死体を巡って地元のハンターで遺体の第一発見者のコリー・ランバートと共に謎を追うが、そこには思いもよらなかった結末が待ち受けているというあらすじだ。

単身FBIから派遣されたジェーン・バナー役に『アベンジャーズ』シリーズでスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフ役を演じているエリザベス・オルセン、心に傷を抱えた孤高のハンターであるコリー・ランバート役に『アベンジャーズ』シリーズでホークアイ役を演じているジェレミー・レナーがキャスティング。監督は『最後の追跡』などの脚本で『アカデミー賞』にノミネートされたテイラー・シェリダンが務めた。『ウィンド・リバー』が初監督作となる。音楽はニック・ケイヴ、ウォーレン・エリスが担当した。

作品情報

『ウィンド・リバー』

2018年夏に角川シネマ有楽町ほか全国で公開
監督・脚本:テイラー・シェリダン 音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス 出演: ジェレミー・レナー エリザベス・オルセン ジョン・バーンサル 上映時間:111分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ジェレミー・レナー×エリザベス・オルセン『ウィンド・リバー』が夏公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて