ロシアのカルト映画が集合 『こねこ』『不思議惑星キン・ザ・ザ』など上映

特集上映『ロシアン・カルト2018』が3月3日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。

同イベントでは、2018年が「ロシアにおける日本年」「日本におけるロシア年」であることを記念してロシアのカルト映画10作品を全て35ミリフィルムで上映。

上映作品には、ゲオルギー・ダネリヤ監督のSFコメディー『不思議惑星キン・ザ・ザ』、ニコライ・ゴーゴリの妖怪小説『ヴィイ』を映画化した『妖婆 死棺の呪い』、メキシコの歴史と文化、民衆ヘの敬愛を描くセルゲイ・エイゼンシュテイン監督の『メキシコ万歳』、子猫と家族の触れ合いを描いたイワン・ポポフ監督の『こねこ』、スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々を描いた『フルスタリョフ、車を!』などがラインナップしている。

3月4日の『不思議惑星キン・ザ・ザ』上映後には、女優、脚本家、詩人の近衛はなによるトークイベントを実施。詳細は『ロシアン・カルト2018』のオフィシャルサイトで確認しよう。なお同イベントは3月31日から愛知・名古屋のシネマスコーレでも開催される。

イベント情報

『ロシアン・カルト2018』

2018年3月3日(土)~3月16日(金) 会場:東京都 新宿 K's cinema
上映作品: 『アエリータ』(監督:ヤーコフ・プロタザノフ) 『火を噴く惑星』(監督:パーヴェル・クルシャンツェフ) 『妖婆 死棺の呪い』(監修:アレクサンドル・プトゥシコ) 『スタフ王の野蛮な狩り』(監督:ワレーリー・ルビンチク) 『メキシコ万歳』(監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン) 『不思議惑星キン・ザ・ザ』(監督:ゲオルギー・ダネリヤ) 『ミスター・デザイナー』(監督:オレーグ・テプツォフ) 『UFO少年アブドラジャン』(監督:ズルフィカール・ムサコフ) 『こねこ』(監督:イワン・ポポフ) 『フルスタリョフ、車を!』(監督:アレクセイ・ゲルマン) 料金:一般1,500円 学生1,300円 シニア1,000円 3回券3,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ロシアのカルト映画が集合 『こねこ』『不思議惑星キン・ザ・ザ』など上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて