「魔女」広瀬すずが櫻井翔を翻弄、福士蒼汰も出演 『ラプラスの魔女』予告

映画『ラプラスの魔女』の予告編が公開された。

東野圭吾の同名小説が原作の『ラプラスの魔女』は、発生したのが離れた場所でありながら、死亡者が互いに知人で、死因が共に自然現象下での硫化水素中毒死であるという2件の不審死事件を描いた作品。事件の捜査にあたる大学教授・青江修介役を櫻井翔、次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・円華役を広瀬すず、円華が捜索している青年・甘粕謙人役を福士蒼汰が演じる。監督は三池崇史。

予告編では「君は何者なんだ?」と尋ねる青江に対して「魔女、ラプラスの魔女」と答える円華の姿、謙人がサイコロの目を予言する様子や拳銃を構えるシーン、「こんな現象ありえない!」という青江のセリフなどが確認できる。また「自然現象で殺人は可能か」というコピーや、豊川悦司、玉木宏、リリー・フランキー、志田未来ら共演者の姿も映し出されている。

同映像は1月27日から全国の劇場でも放映。映画は5月4日から全国東宝系で公開される。

作品情報

『ラプラスの魔女』

2018年5月4日(金・祝)から全国東宝系で公開
監督:三池崇史 脚本:八津弘幸 原作:東野圭吾『ラプラスの魔女』(KADOKAWA) 出演: 櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO 玉木宏 高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「魔女」広瀬すずが櫻井翔を翻弄、福士蒼汰も出演 『ラプラスの魔女』予告

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて