森ビル×チームラボの新たなデジタルアートミュージアム、今夏お台場に開業

森ビル株式会社とチームラボによるデジタルアートの新ミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」が、2018年夏に開業する。

森美術館などを運営する森ビルと、体験型の教育プロジェクト『チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地』が各地で人気を博しているチームラボ。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderlessは、東京・お台場のパレットタウン内にオープン。施設面積1万平方メートルという大きなスケールと、多様な空間構成を特徴とする。チームラボによる東京初の常設展示となり、フラッグシップ施設になる予定だ。施設名の「Borderless」という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んで欲しいという想いが込められているとのこと。

  • HOME
  • Art,Design
  • 森ビル×チームラボの新たなデジタルアートミュージアム、今夏お台場に開業

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて