早逝したビートメイカー、J・ディラの革命的ビートの秘密に迫る本 5月刊行

書籍『J・ディラと「ドーナツ」のビート革命(仮)』が5月11日に刊行される。

2006年に32歳の若さで逝去したビートメイカーのJ Dilla。同書では生い立ちから地元デトロイトの音楽シーン、Q-Tipやアリ・シャヒード・ムハマドといったA Tribe Called Questのメンバーらと結成したThe Ummah、さらにThe Soulquarians、Slum Villageでの活動、Madlibとの出会い、難病と戦いながら制作し、生前最後の作品となった2006年リリースのアルバム『Donuts』に至るまでを振り返り、J Dillaのビートの秘密に迫る。

著者はカナダのジョーダン・ファーガソン。日本語訳は「ゲンロン×佐々木敦 批評再生塾」の初代総代で、大和田俊之、磯部涼との共著『ラップは何を映しているのか』もある吉田雅史。自身もMC、トラックメイカーとして活動している吉田による解説、ディスクガイドも収録する。序文はStones Throw主宰のPeanut Butter Wolf。

なお本日2月7日はJ Dillaの誕生日。『Donuts』のリリース日にもあたる。命日は2月10日。

書籍情報

『J・ディラと「ドーナツ」のビート革命(仮)』

2018年5月11日(金)発売予定 著者:ジョーダン・ファーガソン 訳者:吉田雅史 価格:1,944円(税込) 発行:DU BOOKS

Amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • 早逝したビートメイカー、J・ディラの革命的ビートの秘密に迫る本 5月刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて