『逃げ恥』作者・海野つなみ『デイジー・ラック』ドラマ化 佐々木希ら出演

海野つなみの漫画『デイジー・ラック』がドラマ化。4月20日からNHK総合で放送される。

『逃げるは恥だが役に立つ』で知られる海野つなみの同名漫画をもとにした同作は、幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの「アラサー」女性を描いた作品。えみの結婚式で薫、ミチルと再会した日に仕事も恋人も失った楓は、子供のころの夢だったパン職人になることを決意するが、楓の新しい人生の始まりと共に薫、ミチル、えみの日常も思いがけない展開を見せていくというあらすじだ。

楓役に佐々木希、高級エステサロンの仕事に邁進する薫役に夏菜、極貧のカバン職人・ミチル役に中川翔子、新婚のえみ役に徳永えりがキャスティング。脚本は横田理恵、演出は木下高男、都築淳一、小山田雅和が手掛けた。

佐々木希は「アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、そして泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました」とコメント。

また海野つなみは「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います」と語っている。

佐々木希のコメント

今回、山城楓役を演じさせていただける事になり、大変嬉しく思います。「私には何もない!」という、楓のどん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、そして泥臭く描かれており、「どうにか頑張れ!」と心の中で思いながら台本を読みました。幼馴染み4人のアラサー女性が、恋や仕事、生きる事にもがきながら、どう成長していくのか…、私自身も楽しみです。皆様に共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています。

海野つなみのコメント

自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。
結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。
このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います。

番組情報

ドラマ10
『デイジー・ラック』

2018年4月20日(金)から毎週金曜22:00~NHK総合で放送
原作:海野つなみ『デイジー・ラック』 脚本:横田理恵 演出:木下高男、都築淳一、小山田雅和 佐々木希 夏菜 中川翔子 徳永えり ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『逃げ恥』作者・海野つなみ『デイジー・ラック』ドラマ化 佐々木希ら出演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて