ニュース

アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

船田玉樹『花の夕』1938年
船田玉樹『花の夕』1938年

アートイベント『美術館の春まつり』が3月23日から東京・竹橋の東京国立近代美術館本館および工芸館で開催される。

『美術館の春まつり』は皇居・千鳥ヶ淵の桜とあわせてアートを楽しむイベント。作品鑑賞やガイドプログラムへの参加と同時に、周辺散策で花見をすることもできる。

本館で行なわれる所蔵作品展『MOMATコレクション』では、桜が描かれた川合玉堂の『行く春』、菊池芳文『小雨ふる吉野』が展示されるほか、船田玉樹の代表作『花の夕』を収蔵後初公開。さらに岡倉天心らによって創設された日本美術院の創立120年を記念し、菱田春草、安田靫彦、速水御舟、小倉遊亀、平山郁夫らの作品も紹介される。工芸館で開催される開館40周年記念の所蔵作品展『名工の明治』では、明治の鋳金家・鈴木長吉の代表作『十二の鷹』を数年におよぶ修復後、初公開する。

また本館では毎日14:00からガイドスタッフと参加者が対話しながら作品を鑑賞するガイドプログラムが行なわれるほか、4月1日の無料観覧日には展示室を巡ってスタンプを集める『春まつりトークラリー』を開催。スタンプを3つ以上を集めると特製缶バッジを入手できる。会期中の水曜と土曜は工芸館で、作品に触れることのできる『タッチ&トーク』も実施される。レストラン「ラー・エ・ミクニ」では花見時期だけの特別メニューを提供予定。

各プログラムの詳細は美術館のオフィシャルサイトでチェックしよう。

川合玉堂『行く春』右隻 1916年 重要文化財
川合玉堂『行く春』右隻 1916年 重要文化財
川合玉堂『行く春』左隻 1916年 重要文化財
川合玉堂『行く春』左隻 1916年 重要文化財
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告