ニュース

GOMAの「再生」の日々追うEテレ番組『Reborn』 語りは窪塚洋介

窪塚洋介とGOMA
窪塚洋介とGOMA

GOMAが出演する『Reborn~再生を描く~』が2月17日にEテレで放送される。

アボリジニの伝統楽器ディジュリドゥの奏者で画家のGOMA。8年前に交通事故で高次脳機能障害を追った一方で事故から2日後にそれまで造詣のなかった絵の才能が開花し、以降、脳裏に浮かび上がるイメージを点描画に描いている。

番組では、アメリカを旅し、サヴァン症候群の研究者や脳損傷を機に音楽や数学の才能が目覚めた人を訪ね、自らの生き方を模索するGOMAの姿や、「再生」をテーマに手塚治虫の代表作『火の鳥』の新たな表現に挑む様子を捉える。さらに最新の録音技術、演奏に連動したCG技術を駆使したディジュリドゥの音と映像のステージも披露。

ナレーションは窪塚洋介が担当。窪塚がNHKで仕事をするのは2001年放送の『もう一度キス』以来、約17年ぶりとなり、自身のドキュメンタリーではないナレーションのみの仕事は今回が初となる。

窪塚洋介のコメント

ご縁のある“GOMAくん”のドキュメンタリーということで、快諾させて頂きました。収録しながら拝見させてもらいましたが、とても興味深く、また感動できる仕上がりで、ナレーションで参加させてもらえたこと、本当に光栄に思います。

『ETV特集 Reborn~再生を描く~』より
『ETV特集 Reborn~再生を描く~』より
『ETV特集 Reborn~再生を描く~』より
『ETV特集 Reborn~再生を描く~』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー