ニュース

美術家・西尾美也と大阪の女性たちによる西成発ファッションブランド始動

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』が2月24日から大阪・大阪府立江之子島文化芸術創造センターおよび西成のkioku手芸館「たんす」の2会場で開催される。

「NISHINARI YOSHIO」は、kioku手芸館「たんす」の新たな企画として2016年よりスタートした服づくりのワークショップを通して立ち上げられたファッションブランド。ワークショップでは、衣服とファッションを素材として人々との協働による表現活動を探求してきた美術家・西尾美也を迎え、装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、西尾のコンセプトと地域の女性5人の個性やスキルが融合することで生まれる新しいファッションのかたちを提案・発信してきた。第1弾コレクションは、5人それぞれが選んだ身近な知人への思いやりをデザインとして変換したというワークジャケットがプロトタイプとなる。

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』では、西成を舞台に撮影された第1弾コレクションのファッション写真を展示。また、会期中の3月3日には「NISHINARI YOSHIO」のブランディング・ドラマトゥルクを務める竹内大悟(SHITURAE)を、3月10日には東京藝術大学大学院教授・毛利嘉孝を招いたトークショーを行なう。kioku手芸館「たんす」では、2階にNO ARCHITECTSの空間設計によるショップをオープンし、服の展示と販売を予定している。詳細は展覧会のオフィシャルサイトで確認しよう。

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』フライヤービジュアル
『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』フライヤービジュアル
西尾美也
西尾美也
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー