ニュース

美術家・西尾美也と大阪の女性たちによる西成発ファッションブランド始動

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』が2月24日から大阪・大阪府立江之子島文化芸術創造センターおよび西成のkioku手芸館「たんす」の2会場で開催される。

「NISHINARI YOSHIO」は、kioku手芸館「たんす」の新たな企画として2016年よりスタートした服づくりのワークショップを通して立ち上げられたファッションブランド。ワークショップでは、衣服とファッションを素材として人々との協働による表現活動を探求してきた美術家・西尾美也を迎え、装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、西尾のコンセプトと地域の女性5人の個性やスキルが融合することで生まれる新しいファッションのかたちを提案・発信してきた。第1弾コレクションは、5人それぞれが選んだ身近な知人への思いやりをデザインとして変換したというワークジャケットがプロトタイプとなる。

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』では、西成を舞台に撮影された第1弾コレクションのファッション写真を展示。また、会期中の3月3日には「NISHINARI YOSHIO」のブランディング・ドラマトゥルクを務める竹内大悟(SHITURAE)を、3月10日には東京藝術大学大学院教授・毛利嘉孝を招いたトークショーを行なう。kioku手芸館「たんす」では、2階にNO ARCHITECTSの空間設計によるショップをオープンし、服の展示と販売を予定している。詳細は展覧会のオフィシャルサイトで確認しよう。

『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』フライヤービジュアル
『Breaker Project展覧会「NISHINARI YOSHIO」』フライヤービジュアル
西尾美也
西尾美也
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開