ニュース

真野恵里菜が横浜流星を「購入」 ドラマ『彼氏をローンで買いました』

『彼氏をローンで買いました』 ©エイベックス通信放送/フジテレビジョン
『彼氏をローンで買いました』 ©エイベックス通信放送/フジテレビジョン

野島伸司脚本のドラマ『彼氏をローンで買いました』が3月9日からdTVとフジテレビオンデマンドで配信される。

『高校教師』『未成年』『ひとつ屋根の下』など数多くのドラマ脚本を手掛けてきた野島伸司。『彼氏をローンで買いました』は「現代女性のリアル」をテーマに据えた書き下ろし作品で、エリートの彼氏と結婚して専業主婦になるという夢を叶えようと猫をかぶって社会で奮闘する受付嬢の主人公が、ストレス発散のために月額39,800円のローンで彼氏を「購入」したことから発展する物語を描くラブストーリーだ。

主演を務めるのは真野恵里菜。猫をかぶって男たちを手玉に取るも、歯に衣着せぬ物言いで毒を吐く本性を持つ主人公・多恵を演じる。ストレス発散用に購入され、多恵に借金を肩代わりしてもらう代わりに、あらゆる命令に従順に従う「ローン彼氏」の刹那ジュン役を横浜流星が演じる。

野島伸司は『彼氏をローンで買いました』のテーマを選んだ理由について「離婚率が爆発的に上がり、自分なりに理由を探索してみました。どうぶつの森アプリで遊びながらw」と説明。

真野恵里菜は脚本を読んだ感想について「リアルな恋愛物語なのかなと思いきやラブコメ要素もあるので、台本を読んでいて思わず突っ込みたくなる部分があったり、突き抜けてるなーって笑ってしまう部分もありました。そして何よりもセリフ量の多さにびっくりしましたが、『普段の女子会ではこれくらいの勢いで話してるな』『うわー、こういう話するする・・・』と思うところもあり、それを分かっている野島さん恐るべし!って思いました。笑」と語っている。

横浜流星は「非現実的な設定もありますが、新たな野島さんの世界観が詰まっていて面白いですし、主人公の多恵が女性の本音を代弁してくれているので『今の女性はこんなこと考えているんだ』と勉強になりました」と明かしている。

野島伸司のコメント

なぜこの作品のテーマを描いたのか
離婚率が爆発的に上がり、自分なりに理由を探索してみました。どうぶつの森アプリで遊びながらw

「猫をかぶる」女性について
好きだから、あるいは嫌われたくないから猫を被るのでしょうが、キャラ変は契約違反のようなもの。
被るなら墓場まで被って欲しいですね。

同作が迎える結末について
好き同士は、相手にこそ自分を分かって欲しいと、時に思いやりに欠けてしまいます。
疲弊し、壊れないように、セクシャルな関係でなければ、別の異性に理解者がいても良くないですかね。

真野恵里菜のコメント

「猫をかぶる」女性について
「猫をかぶる」と言っても相手を不幸にするとか悪い意味での猫かぶりではないので、結婚そして夢の専業主婦を目指して先輩たちから受け継がれてきた教えを信じ自分に言い聞かせて頑張ろうとする勢いと不器用さがなんだか滑稽で愛おしいな、と思いました。

脚本を読み終わった時の感想
野島さんとは、6年前に舞台「ウサニ」でご一緒させて頂いて以来だったので、
ドラマで改めてお仕事させて頂けることができて、とても嬉しいです。
「主演」という立場を頂けたことにプレッシャーも感じますが、背筋が伸びる思いです!
このドラマは「結婚」がテーマ。リアルな恋愛物語なのかなと思いきやラブコメ要素もあるので、台本を読んでいて思わず突っ込みたくなる部分があったり、突き抜けてるなーって笑ってしまう部分もありました。そして何よりもセリフ量の多さにびっくりしましたが、「普段の女子会ではこれくらいの勢いで話してるな」「うわー、こういう話するする・・・」と思うところもあり、それを分かっている野島さん恐るべし!って思いました。笑

視聴者へのメッセージ
難しいことを考えずに、多恵が夢の専業主婦になるために一喜一憂して奮闘している姿を見て笑って、元気になってもらえたら嬉しいです。
あと、男性の皆さん。女性が皆こういう事を考えてるわけではないですよ!と先に言っておきます。笑

横浜流星のコメント

「猫をかぶる」女性について
一人一人接し方が違いますし、どんな人にでも自分をさらけ出せる人は中々いないので仕方ないと思います。
ただ、接していくうちに素の自分を見せてくれるようになったら嬉しいです。

脚本を読み終わった時の感想
非現実的な設定もありますが、新たな野島さんの世界観が詰まっていて面白いですし、主人公の多恵が女性の本音を代弁してくれているので「今の女性はこんなこと考えているんだ」と勉強になりました。
女性の方は共感出来る作品になるだろうなと思います。

視聴者へのメッセージ
多恵がエリート彼氏かローン彼氏のどちらを選ぶのか最後まで見届けて欲しいです!!
また、皆さんに「こんなローン彼氏が欲しい!」と思って頂けたら嬉しいです!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年