ニュース

THE BEATNIKSの7年ぶり新ALにゴンドウ、小山田圭吾、砂原良徳、LEO今井ら

THE BEATNIKS
THE BEATNIKS

THE BEATNIKSのニューアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』が5月9日にリリースされる。

高橋幸宏と鈴木慶一による1981年結成の音楽ユニット・THE BEATNIKS。BETTER DAYSからリリースされる同作は前作『LAST TRAIN TO EXITOWN』以来、約7年ぶりの新作となる。

ユニットの活動条件である「怒り」をテーマにした楽曲や、すでにライブで演奏されている楽曲、“鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章”、NHK『J-MELO』のオープニングテーマ曲に起用された“Softly-Softly”、赤塚不二夫生誕80年企画『バカ田大学祭ライブ』で発表された“シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya”など全10曲を収録予定。

ゲストミュージシャンには、作曲、プリプロダクションの段階からスタジオ作業を共にしてきたゴンドウトモヒコ(Flugel,Computer Programming,Editing)をはじめ、砂原良徳(Additional Production)、矢口博康(Sax)、沖山優司(Ba)、小山田圭吾(Gt)、千葉広樹(Cb)、佐橋佳幸(Gt)、徳澤青弦(Vc)、重住ひろこ(Cho)、LEO今井(Vo)らが名を連ねる。

リリース元のBETTER DAYSは、坂本龍一、渡辺香津美、清水靖晃らを輩出したレーベル。『EXITENTIALIST A XIE XIE』はレーベル再始動第1弾、約30年ぶりの新作となる。

5月11日には、東京・EX THEATER ROPPONGIで約7年ぶりのワンマンライブを開催。チケットは現在販売中だ。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」