ニュース

スヌーピーとサイエンスアートがコラボする初の展覧会、3月から全国巡回

『スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」』東京展ロゴ ©2018 Peanuts Worldwide LLC
『スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」』東京展ロゴ ©2018 Peanuts Worldwide LLC

『スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」』東京展が、3月19日まで東京・松屋銀座で開催されている。

同展では、チャールズ・モンロー・シュルツによる漫画『ピーナッツ』のキャラクター「スヌーピー」を「サイエンスアート」を通して表現。日本の木工作家や造形作家たちの作品、愛知工業大学の協力によるスヌーピーがダンスするロボット「ダンシングスヌーピー」や4足歩行から2足歩行に進化する「ロイドスヌーピー」など3作品、『ピーナッツ』の漫画を約5千枚使用した4Dモザイクアートなどあわせて約110点が展示される。

参加作家は、伊藤有樹、宇田川誉仁、澤田啓介、手鹿郁美、中野範章、松岡ミチヒロ、水越亘将、諸星昭弘ら。

さらに同展の総合プロデューサー大谷芳照がシュルツと出会うきっかけになった大阪の商業施設「スヌーピータウン」プロジェクトのために1993年に制作され、アメリカに寄贈されたオブジェが約4半世紀ぶりに日本で展示予定。グッズコーナーでは約350アイテムを越える展覧会オリジナルグッズが販売される。

なお同展は東京会場終了後に愛知・ジェイアール名古屋タカシマヤ、大阪・阪急うめだ本店、広島・広島三越ほか全国に巡回。

大谷芳照のコメント

生前のシュルツ氏とは、アメリカ・カリフォルニア州のサンタローザにあるシュルツ美術館のグレートホールにある「Morphing Snoopy Wood Sculpture」と「Tile Mural Wall」という2作品を共に作り上げました。この2作品は、ミュージアムに永久展示されています。2013年には、権利元であるPeanuts Worldwide LLCからのライセンスをうけて日本の伝統工芸とスヌーピーをコラボレーションさせた「SNOOPY JAPANESQUE」展を総合プロデュースし、「匠によるスヌーピーの世界」を切り開きました。そして、いよいよ2018年春には、サイエンスアートとコラボレーションさせた新たなスヌーピーの世界を紹介する「SNOOPY FANTARATION」を開催します。ぜひとも、「斬新かつ新鮮なスヌーピーの世界」をお楽しみください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会