『六本木アートカレッジ』特別企画に川村元気、MIKIKO、Chim↑Pomら20組

トークイベント『六本木アートカレッジ スペシャル1DAY』が3月11日に東京・六本木のアカデミーヒルズで開催される。

同イベントは、「自分にとっての『アート』とは何か?」を考える機会を提供するアカデミーヒルズが展開するシリーズイベント『六本木アートカレッジ』の特別拡大企画。2017年度は映画プロデューサーで小説家の川村元気が企画・監修を担当しており、今回は「ジャンルを超えて 面白く働き、生きる」をテーマに据える。

当日は川村元気、アカデミーヒルズの理事長を務める竹中平蔵、森美術館館長の南條史生によるオープニングトークをはじめとして、MIKIKO、大根仁、Chim↑Pom、田口ランディ、公益社団法人日本フェンシング協会会長の太田雄貴、株式会社ドワンゴ取締役CTOの川上量生、LINE株式会社取締役CSMOの舛田淳ら20組が9つのトークセッションに参加。様々なテーマについて対談・鼎談を展開する。

アカデミーヒルズのオフィシャルサイトでは参加者の申し込みを受付中。1日券のほか、イベント終了後の交流パーティーにも参加できるチケットも用意されている。

イベント情報

『六本木アートカレッジ スペシャル1DAY』

2018年3月11日(日) 会場:東京都 六本木 アカデミーヒルズ
登壇: 川村元気 南條史生 竹中平蔵 太田雄貴 石川善樹 稲葉俊郎 田口ランディ 竹内薫 飯森範親 川上量生 舛田淳 須賀洋介 高橋俊宏 小倉ヒラク 飛鷹全法 MIKIKO 大根仁 Chim↑Pom 小林めぐみ 近藤健一 定員:600名(交流パーティーは200名) 料金:1日券4,000円 交流パーティー付7,500円
  • HOME
  • Art,Design
  • 『六本木アートカレッジ』特別企画に川村元気、MIKIKO、Chim↑Pomら20組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて