ホンマタカシ×contact Gonzoのコラボ新作公演『鹿を殺すと残る雪』

『ホンマタカシ×コンタクトゴンゾ「鹿を殺すと残る雪」』が3月17日と18日に京都・京都芸術センターで上演される。

同公演は、2013 年に発表されたcontact Gonzoと写真家・ホンマタカシによるコラボレーション公演『熊を殺すと雨が降る』の続編。前作で見出された偶然性、生と死の手触り、写真の身体性といったキーワードを発展させて、創作が進められている。また謎の覆面バンド「Deer Revenge」も登場。時に観客を巻き込みながらパフォーマンスを行なうという。

なお京都芸術センターは2017年度から、アーティストや企画者の連携をより強くした制作・発表の場を広げる試みを、「KAC TRIAL PROJECT / Co-program」として行なってきた。今回の公演は舞台芸術の可能性を広げる先進的な企画を採択し、制作する「カテゴリーA」の一環で上演される。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

『Co-programカテゴリーA ホンマタカシ×コンタクトゴンゾ「鹿を殺すと残る雪」』

2018年3月17日(土)、3月18日(日) 会場:京都府 京都芸術センター講堂
出演: ホンマタカシ contact Gonzo ほか 料金: 前売 一般2,500円 学生2,000円 当日3,000円
  • HOME
  • Stage
  • ホンマタカシ×contact Gonzoのコラボ新作公演『鹿を殺すと残る雪』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて