ニュース

架空バンドのツアー追うモキュメンタリー『スパイナル・タップ』日本初公開

映画『THIS IS SPINAL TAP』が『スパイナル・タップ』の邦題で6月16日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

1984年に製作された同作は、架空のイギリスのロックバンドであるスパイナル・タップを撮影したモキュメンタリー。ビートルズスタイルやフラワーチルドレンを経て、ハードロックスタイルで活動するスパイナル・タップの全米ツアーに密着した映画監督のマーティ・ディ・ベルギーが、結成秘話やメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死といったトラブルやステージを映し出すというあらすじで、1980年代当時隆盛を極めていたハードロック、ヘヴィメタル文化や音楽を風刺している。

監督およびマーティ・ディ・ベルギー役を務めたのは、同作の発表後、『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』『ミザリー』といった作品を手掛けているロブ・ライナー。初監督作品である『スパイナル・タップ』について、ライナーは「本国で公開されたとき観客がみんな本当の話だと思っていた」と述懐している。

同作は、2003年の『エンターテインメント・ウィークリー』誌の「カルト・ムービー・トップ5」や、『Mojo』誌が2005年に発表した「歴代ロック映画トップ10」、同年の『BLENDER』誌の「ロックンロール映画オールタイムベスト100」で第1位を獲得。また映画を50回鑑賞したというStingは「リアル過ぎて泣いていいのか笑っていいのかわからなかった」とコメントしている。

 

 

『スパイナル・タップ』ポスタービジュアル ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
『スパイナル・タップ』ポスタービジュアル ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
『スパイナル・タップ』 ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
『スパイナル・タップ』 ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
『スパイナル・タップ』 ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
『スパイナル・タップ』 ©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと