『台湾巨匠傑作選』にエドワード・ヤン、ホウ・シャオシェン作など28本

特集上映『台湾巨匠傑作選 2018』が4月28日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。

1980年代から展開された台湾映画の新たな潮流「台湾ニューシネマ」にフォーカスし、台湾ニューシネマの誕生から現在までの約30年間に発表された作品を中心に上映する同イベント。2014年、2016年に続き、今回で3回目の開催となる。

上映作品には、日本劇場初公開となるワン・レン監督の『スーパーシチズン 超級大国民』をはじめ、エドワード・ヤン監督の『台北ストーリー』『恐怖分子』『牯嶺街少年殺人事件』『ヤンヤン 夏の想い出』やホウ・シャオシェン監督の『悲情城市』『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』、ツァイ・ミンリャン監督の『河』『郊遊 ピクニック』、オムニバス映画『光陰的故事』など全28作品がラインナップ。「台湾映画秀作集」と題し、アン・リー、ニウ・チェンザー、ギデンズ・コーらの作品も上映される。

なお『スーパーシチズン 超級大国民』、ホウ・シャオシェン監督の『ナイルの娘』、イー・ツーイェン監督の『藍色夏恋』は4Kデジタル版での上映となる。

イベント情報

『台湾巨匠傑作選 2018』

2018年4月28日(土)~6月15日(金) 会場:東京都 新宿 K's cinema
上映作品: 『スーパーシチズン 超級大国民』(監督:ワン・レン) 『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(監督:キン・フー) 『侠女』(監督:キン・フー) 『坊やの人形』(監督:ホウ・シャオシェン、ワン・レン、ソン・ジュアンシャン) 『風櫃の少年』(監督:ホウ・シャオシェン) 『冬冬の夏休み』(監督:ホウ・シャオシェン) 『童年往事 時の流れ』(監督:ホウ・シャオシェン) 『恋恋風塵』(監督:ホウ・シャオシェン) 『ナイルの娘』(監督:ホウ・シャオシェン) 『悲情城市』(監督:ホウ・シャオシェン) 『憂鬱な楽園』(監督:ホウ・シャオシェン) 『光陰的故事』(監督:エドワード・ヤン、タオ・ドゥツェン、クー・イチェン、チャン・イー) 『台北ストーリー』(監督:エドワード・ヤン) 『恐怖分子』(監督:エドワード・ヤン) 『牯嶺街少年殺人事件』(監督:エドワード・ヤン) 『ヤンヤン 夏の想い出』(監督:エドワード・ヤン) 『青春神話』(監督:ツァイ・ミンリャン) 『愛情萬歳』(監督:ツァイ・ミンリャン) 『河』(監督:ツァイ・ミンリャン) 『郊遊 ピクニック』(監督:ツァイ・ミンリャン) 『推手』(監督:アン・リー) 『ウェディング・バンケット』(監督:アン・リー) 『恋人たちの食卓』(監督:アン・リー) 『藍色夏恋』(監督:イー・ツーイェン) 『モンガに散る』(監督:ニウ・チェンザー) 『あの頃、君を追いかけた』(監督:ギデンズ・コー) 『台湾新電影時代』(監督:シエ・チンリン) 『あの頃、この時』(監督:ヤン・リーチョウ)
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『台湾巨匠傑作選』にエドワード・ヤン、ホウ・シャオシェン作など28本

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて