『君の名前で僕を呼んで』公開祝う特集上映『すべて恋しき若者たち』に9本

特集上映『すべて恋しき若者たち』が、4月7日から東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで開催される。

同イベントでは、4月27日から公開される17歳と24歳の青年の恋を描いたルカ・グァダニーノ監督作『君の名前で僕を呼んで』の上映を記念して9本を特集。『君の名前で僕を呼んで』の主演を務めたティモシー・シャラメ、同作で本年度の『アカデミー賞』歌曲賞を受賞したスフィアン・スティーヴンスなどにちなんだ作品がセレクトされている。

上映作品は、グァダニーノ監督が直接的な影響を語ったミア・ハンセン=ラヴ監督の『グッバイ・ファーストラブ』、思春期の心の痛みを優しく描くたソフィア・コッポラ監督の『ヴァージン・スーサイズ』、スフィアン・スティーヴンスの曲を使用したガス・ヴァン・サント監督の『永遠の僕たち』、ティモシー・シャラメが「レオナルド・ディカプリオの再来」と語られることにちなみ、少年時代のディカプリオとジョニー・デップが共演したラッセ・ハルストレム監督の『ギルバート・グレイプ』、女性同士の恋愛物語を描いたアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデル、ブルーは熱い色』、ケシシュ監督の初期作品で日本での上映が限られていた『身をかわして』など。

『グッバイ・ファーストラブ』『ヴァージン・スーサイズ』の2本は35ミリフィルムでの公開となる。上映スケジュールなど詳細はオフィシャルサイトを確認しよう。

イベント情報

『すべて恋しき若者たち』

2018年4月7日(土)~4月26日(木) 会場:東京都 渋谷 Bunkamura ル・シネマ
上映作品: 『ヴァージン・スーサイズ』(監督:ソフィア・コッポラ) 『ギルバート・グレイプ』(監督:ラッセ・ハルストレム) 『グッバイ・ファーストラブ』(監督:ミア・ハンセン=ラヴ) 『永遠の僕たち』(監督:ガス・ヴァン・サント) 『愛の記念に』(監督:モーリス・ピアラ) 『海辺のポーリーヌ』(監督:エリック・ロメール) 『モーターサイクル・ダイアリーズ』(監督:ウォルター・サレス) 『アデル、ブルーは熱い色』(監督:アブデラティフ・ケシシュ) 『身をかわして』(監督:アブデラティフ・ケシシュ) 料金:1,300円 ※リピーターと学生は1,000円

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『君の名前で僕を呼んで』公開祝う特集上映『すべて恋しき若者たち』に9本

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて