ニュース

小松浩子、木村伊兵衛賞受賞後初の写真展『限界非効用』 2会場で同時開催

小松浩子『限界非効用』ビジュアル
小松浩子『限界非効用』ビジュアル

小松浩子の展覧会『限界非効用』が3月31日から名古屋・RAINROOTSとMUNOの2会場で開催される。

1969年生まれの写真家・小松浩子。2009年に初個展を開催して以降、撮影した写真で壁や床などを覆って構成するインスタレーションを中心に制作している。2017年に東京・馬喰町のギャラリーαMで『鏡と穴―彫刻と写真の界面 vol.4 小松浩子』を開催。今年3月に『第43回木村伊兵衛写真賞』を受賞している。

『限界非効用』は、1月から行なわれている金村修、タカザワケンジ、小松浩子による連続展の最終章。ロール印画紙やモノクロバライタ印画紙の写真群を壁や床全体に配置するインスタレーションを中心に、2会場で異なる展示を行なう。小松が関東以外で作品を発表するのは今回が初となる。

初日の3月31日にはオープニングイベントとして、連続展の参加作家らによるトークイベントや、duennをゲストに招いた連続展のエンディングレセプションイベントが行なわれる。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトを確認しよう。

小松浩子のコメント

境界線を引くことは人間の本態的傾向であるという。境界線の選定は本質的に恣意的で、そこに線が引かれなければならない必然性はない。「昼」と「夜」、「善」と「悪」、「生」と「死」。必然性はないが、どこでも良いから世界に二値的な境界線を引くことで秩序を制定する仕掛け無しに世界を認識することはできない。世界はすべて多値的な連続体であって、どこにも二値的な境界線など存在しないが、たとえ理解不能な秩序でもカオスよりはマシで、写真になった世界はフレームという境界線による秩序を得たかに見える。多値的な連続体としての現実は認識できないために存在しないに等しく、写真になった世界こそが現実として立ち上がるが、この写真を大量に無秩序に配置することで、世界を多値的な連続体に戻すことは可能なのか。

小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像