ニュース

小松浩子、木村伊兵衛賞受賞後初の写真展『限界非効用』 2会場で同時開催

小松浩子『限界非効用』ビジュアル
小松浩子『限界非効用』ビジュアル

小松浩子の展覧会『限界非効用』が3月31日から名古屋・RAINROOTSとMUNOの2会場で開催される。

1969年生まれの写真家・小松浩子。2009年に初個展を開催して以降、撮影した写真で壁や床などを覆って構成するインスタレーションを中心に制作している。2017年に東京・馬喰町のギャラリーαMで『鏡と穴―彫刻と写真の界面 vol.4 小松浩子』を開催。今年3月に『第43回木村伊兵衛写真賞』を受賞している。

『限界非効用』は、1月から行なわれている金村修、タカザワケンジ、小松浩子による連続展の最終章。ロール印画紙やモノクロバライタ印画紙の写真群を壁や床全体に配置するインスタレーションを中心に、2会場で異なる展示を行なう。小松が関東以外で作品を発表するのは今回が初となる。

初日の3月31日にはオープニングイベントとして、連続展の参加作家らによるトークイベントや、duennをゲストに招いた連続展のエンディングレセプションイベントが行なわれる。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトを確認しよう。

小松浩子のコメント

境界線を引くことは人間の本態的傾向であるという。境界線の選定は本質的に恣意的で、そこに線が引かれなければならない必然性はない。「昼」と「夜」、「善」と「悪」、「生」と「死」。必然性はないが、どこでも良いから世界に二値的な境界線を引くことで秩序を制定する仕掛け無しに世界を認識することはできない。世界はすべて多値的な連続体であって、どこにも二値的な境界線など存在しないが、たとえ理解不能な秩序でもカオスよりはマシで、写真になった世界はフレームという境界線による秩序を得たかに見える。多値的な連続体としての現実は認識できないために存在しないに等しく、写真になった世界こそが現実として立ち上がるが、この写真を大量に無秩序に配置することで、世界を多値的な連続体に戻すことは可能なのか。

小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
小松浩子『人格的自律処理』展示風景 2017年ギャラリーαM
画像を拡大する(6枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』