ニュース

土屋太鳳×芳根京子がキス&罵り合い 『累-かさね-』特報&追加キャスト

映画『累-かさね-』の追加キャストが発表。あわせて特報とポスタービジュアルが公開された。

9月7日から全国東宝系で公開される同作は松浦だるまの同名漫画が原作。伝説の女優の娘として天才的な演技力を持って生まれながら、自らの醜い容姿にコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、恵まれた美貌を持つが、女優として花開かずにいる舞台女優の丹沢ニナが、キスをした相手と顔が入れ替わる口紅に導かれて出会い、反発しながらも互いの目的のために、口紅の力を借りて入れ替わることを受け入れる、というあらすじだ。主演を土屋太鳳と芳根京子が務め、「顔が入れ替わる」という設定から、累とニナの2人の人物を土屋と芳根がそれぞれ演じ分ける。

今回出演が明らかになったのは、ニナと累の2人に愛され、2人の対立を生むきっかけとなる気鋭の演出家・烏合零太役を演じる横山裕(関ジャニ∞)。累の母で美貌と演技力を誇る伝説の名女優・淵透世役を演じる檀れい、淵透世の過去と口紅の秘密を知る元演出家で、累とニナを引き合わせて顔の交換を提案する羽生田釿互役を演じる浅野忠信。

ラブシーンにも挑む横山裕は「ここまでガッツリなのは今までになかったので、新しい経験をさせていただきました」と振り返っているほか、土屋と芳根については「土屋さんと芳根さんの演技に対する熱量の高さ、本当に現場でひしひしと感じ、この映画『累』の世界観に皆さんも圧倒されると思います」とコメント。

檀れいは「透世は劇中、とても怖く、立ち位置、役割は本当にホラー的だな、と思いながら楽しく演じていました。美しさを求めるあまり起こる悲劇を是非楽しんでもらえれば、と思います」、浅野忠信は「土屋さん、芳根さんについてはとても豊かな才能を感じました。土屋さんは努力を欠かさないし、芳根さんは現場での吸収力がすごい。もし自分が女性に生まれて、彼女たちと同世代だったら、激しく嫉妬していると思う」と語っている。

あわせて公開されたポスタービジュアルでは、「私はあなたになりたいの」というコピーと共に、ニナと顔に傷がある累の顔が入れ替わっていく時間の経過を1枚のビジュアルで表現。特報では土屋太鳳と芳根京子がキスをするシーンや、芳根が「教えてあげる。劣等感ってやつを」と話す場面、土屋がハイヒールで芳根を踏みつけるシーン、2人が罵り合う様子などが映し出されているほか、横山、檀、浅野の姿も確認できる。

横山裕のコメント

僕が演じる烏合の役柄は、舞台にかける一切妥協しない強い情熱を持っている演出家です。とっつきにくいタイプと思われがちですが、新星のニナが現れて心を揺さぶられていく姿が、とても人間らしくて僕自身も好きなキャラクターでもあります。ラブシーンに関しては、ここまでガッツリなのは今までになかったので、新しい経験をさせていただきました。
土屋さんと芳根さんの演技に対する熱量の高さ、本当に現場でひしひしと感じ、この映画『累』の世界観に皆さんも圧倒されると思います。朝ドラを主演したお二人の芝居熱と、俳優陣の化学変化を是非ともご期待ください。

檀れいのコメント

私の演じる淵透世は伝説の女優として亡くなっている人間ではありますが随所に透世を愛する人々の様子が描かれているので、彼女の存在の大きさを感じていました。透世は劇中、とても怖く、立ち位置、役割は本当にホラー的だな、と思いながら楽しく演じていました。美しさを求めるあまり起こる悲劇を是非楽しんでもらえれば、と思います。

浅野忠信のコメント

自分の演じた羽生田釿互は自分勝手な人物。「見たい」という欲求のためだけにふたりの少女を振り回している。でも、最終的に勝つのはだれなのでしょうね?土屋さん、芳根さんについてはとても豊かな才能を感じました。土屋さんは努力を欠かさないし、芳根さんは現場での吸収力がすごい。もし自分が女性に生まれて、彼女たちと同世代だったら、激しく嫉妬していると思う。その二人が一人二役、二人一役を演じているところはこの映画の一番魅力的なポイントだと思います。

『累-かさね-』ポスタービジュアル ©2018映画「累-かさね-」製作委員会 ©松浦だるま/講談社
『累-かさね-』ポスタービジュアル ©2018映画「累-かさね-」製作委員会 ©松浦だるま/講談社
左から横山裕、檀れい、浅野忠信
左から横山裕、檀れい、浅野忠信
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」