真木よう子×井上真央×大泉洋らの家族風景 『焼肉ドラゴン』予告&新画像

6月22日から全国公開される映画『焼肉ドラゴン』の予告編とポスタービジュアルが発表された。

鄭義信の作・演出による同名舞台を鄭が自ら映画化する『焼肉ドラゴン』。高度経済成長期の1970年を舞台に、故郷を奪われ、関西の地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む6人家族が、時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を描く。一家の長女・静花役に真木よう子、次女・梨花役に井上真央、三女・美花役に桜庭ななみがキャスティング。幼なじみの静花への想いを秘めたまま梨花と結婚する常連客・哲男役を大泉洋、美花と秘めた恋を繰り広げる長谷川豊役を大谷亮平、哲男の一人息子を大江晋平が演じる。

予告編では、梨花と哲男が口論する場面や、「焼肉ドラゴン」の常連客とともに賑やかに暮らす家族の風景、立ち退きを命じられる家族に対する世間からの厳しい声に反発する哲男や、哲男の一人息子が学校でいじめられる場面などが描かれている。

あわせて公開されたポスタービジュアルでは、「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」というキャッチコピーとともに、青空の下「焼肉ドラゴン」の前に集合した家族写真が写し出されている。

作品情報

『焼肉ドラゴン』

2018年6月22日(金)から全国公開
原作・監督・脚本:鄭義信 出演: 真木よう子 井上真央 桜庭ななみ 大泉洋 大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 イ・ジョンウン キム・サンホ 配給:KADOKAWA、ファントム・フィルム

関連リンク

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 真木よう子×井上真央×大泉洋らの家族風景 『焼肉ドラゴン』予告&新画像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて