『ドレスコーズの《三文オペラ》』収録内容発表 ゲストVoに小島麻由美

5月9日にリリースされる『ドレスコーズの《三文オペラ》』の収録内容が発表された。

同作には、志磨遼平(ドレスコーズ)が音楽監督を務めた音楽劇『三文オペラ』の楽曲22曲を収録。劇伴の演奏を行なったバンド「(dresscodes) Beggars Quintet」のメンバーには、志磨に加えて、有島コレスケ、堀嵜ヒロキ、板倉真一、福島健一が名を連ね、レコーディング時にはゲストボーカルとして小島麻由美が参加した。アートワークは信藤三雄が担当。キングレコードのオンラインショップには信藤のコメントが掲載されている。

CDとLPが数量限定で販売される同作には、5月19日からスタートするツアー会場でオリジナルツアーポスターと引き換え可能なチケットが同梱。さらに4月27日までに予約すると、CDには「オリジナルポストカードA」、LPには「オリジナルポストカードB」が封入される。それぞれ異なるビジュアルを用いた特典の画像は後日発表。

またドレスコーズのオフィシャルTwitterでは、ジャケット撮影中の映像と、収録楽曲の音源が使用されたCM動画が公開されている。今後も不定期でオフショットなどを使用したCM動画がアップされていくという。

ドレスコーズ『ドレスコーズの《三文オペラ》』収録内容

1. 三文オペラのテーマ
2. もりたあと(殺人物語)
3. ピーチャム商会社歌
4. 性愛行進曲
5. 結婚の歌
6. 海賊ジェニー(あるいは女給が見る夢)
7. カノン(大砲の歌)
8. 恋の歌
9. バルバラ・ソング
10. この世は最低(第一幕のフィナーレ)
11. メロドラマ(離別の歌)
12. 娼婦たちのララバイ
13. ヒモと娼婦のタンゴ
14. 資本主義の歌
15. 女はおそろしい
16. あなたには(第二幕のフィナーレ)
17. ちょっと足りない歌
18. ソロモン・ソング
19. 運命の罠
20. 殺すな(死刑台のバラード)
21. 終曲(第三幕のフィナーレ)
22. りぷらいず(殺人物語)

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 『ドレスコーズの《三文オペラ》』収録内容発表 ゲストVoに小島麻由美

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて