ニュース

長谷川博己が明智光秀役で主演 2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

2020年に放送されるNHK大河ドラマが明智光秀を主人公にした『麒麟がくる』に決定。主演を長谷川博己が務めることが発表された。

明智光秀の前半生に光を当てる『麒麟がくる』は、戦国初期の戦乱の中、各地の武将たちが天下を狙って戦う様を描く「一大叙事詩」になるとのこと。脚本は1991年の大河ドラマ『太平記』を手掛けた池端俊策によるオリジナルとなる。

同作の物語は多くの名武将が名もなき青年であった1540年代からスタート。最新の研究に基づき、本能寺で織田信長を討った「謀反人」のイメージを覆す、「勇猛果敢で理知的な天才」という明智光秀像を、史料がほとんど残っていない青春時代から描写するという。また信長についても保守的かつ中世的な側面も強調し、財政面、経営面での才覚も描く。

脚本の池端俊策は本能寺の変の印象によって光秀像が作られてしまっていることに触れ「光の当て方により、光秀には別の顔が有ったのではないか、本能寺の一件は光秀と信長の関係を見直すことにより意味合いが一変し、歴史の転換点として深い意義を持つのではないか、そういう説に興味を持ちました」とコメント。

また「『麒麟がくる』は、室町幕府という古い体制が崩れ、日本が近世近代へと駆け上がる前夜の混沌とした、しかし決然と前方を見据えた英雄達が生き生きと走り抜けた時代だと思います。そのど真ん中を走った光秀の新鮮な視点で、当時の英雄達を、そしてその時代を活写できればと考えています」と意気込みを語っている。

制作統括を務める落合将は「このドラマは最近の大河ドラマとしては珍しく、1540年代から始まります。まだ信長も子供で、父の信秀が活躍していた時代。今川義元もまだ20代の青年、各英傑たちの『父親世代の活躍』から描く、いわば『ビギニング物語』です。そして、その中心として描かれる青年・明智光秀もまだ何者でもありません。何者でもない各地の若い武士たちが、未来の見えない乱世で何者かになっていく・・というより、変化し続ける時代から逃げることを許されず、何者かにならざるを得なくなっていく・・そしてそんな状況は、どこか現代の日本とも重なる気がします」と明かしてる。

同作のクランクインは2019年6月を予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る