ニュース

長谷川博己が明智光秀役で主演 2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

2020年に放送されるNHK大河ドラマが明智光秀を主人公にした『麒麟がくる』に決定。主演を長谷川博己が務めることが発表された。

明智光秀の前半生に光を当てる『麒麟がくる』は、戦国初期の戦乱の中、各地の武将たちが天下を狙って戦う様を描く「一大叙事詩」になるとのこと。脚本は1991年の大河ドラマ『太平記』を手掛けた池端俊策によるオリジナルとなる。

同作の物語は多くの名武将が名もなき青年であった1540年代からスタート。最新の研究に基づき、本能寺で織田信長を討った「謀反人」のイメージを覆す、「勇猛果敢で理知的な天才」という明智光秀像を、史料がほとんど残っていない青春時代から描写するという。また信長についても保守的かつ中世的な側面も強調し、財政面、経営面での才覚も描く。

脚本の池端俊策は本能寺の変の印象によって光秀像が作られてしまっていることに触れ「光の当て方により、光秀には別の顔が有ったのではないか、本能寺の一件は光秀と信長の関係を見直すことにより意味合いが一変し、歴史の転換点として深い意義を持つのではないか、そういう説に興味を持ちました」とコメント。

また「『麒麟がくる』は、室町幕府という古い体制が崩れ、日本が近世近代へと駆け上がる前夜の混沌とした、しかし決然と前方を見据えた英雄達が生き生きと走り抜けた時代だと思います。そのど真ん中を走った光秀の新鮮な視点で、当時の英雄達を、そしてその時代を活写できればと考えています」と意気込みを語っている。

制作統括を務める落合将は「このドラマは最近の大河ドラマとしては珍しく、1540年代から始まります。まだ信長も子供で、父の信秀が活躍していた時代。今川義元もまだ20代の青年、各英傑たちの『父親世代の活躍』から描く、いわば『ビギニング物語』です。そして、その中心として描かれる青年・明智光秀もまだ何者でもありません。何者でもない各地の若い武士たちが、未来の見えない乱世で何者かになっていく・・というより、変化し続ける時代から逃げることを許されず、何者かにならざるを得なくなっていく・・そしてそんな状況は、どこか現代の日本とも重なる気がします」と明かしてる。

同作のクランクインは2019年6月を予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に